FC2ブログ

バラとクレマチス

 いつのまにか5月が終わろうとしています
一年で一番、庭が華やぐ季節だというのにブログの更新は滞ったまま
それでも覗いてくださる方がいらして、申し訳ないやら嬉しいやら
やっとやっとの更新です^^
まずは今一番華やかなバラとクレマチスの競演を見てください

20200526 (2)

実家から来た名無しのバラとクレマチス「ロマンチカ」
名無しのバラはとっても丈夫なランブラーローズ

20200526 (1)

赤、紫、ピンク、白とトレリス花壇は賑やかすぎかも^^;

20200526 (7)

トレリス花壇をバックに咲くクレマチス「フォンドメモリー」
ピンクのバラはマリネット

20200526 (8)

バラはニュードーン、ピンクのクレマチスはピール
でも赤いアルストロメリアの派手さに押され気味

20200526 (14)

バラ ナエマジャスミーナ小輪のバラは裕(ヒロ)

20200521 (21)
20200528 (5)

緑が多めの中にピンクのバラ
これくらいの割合が落ち着きます

20200526 (26)

事務所周りに咲くバラは

20200526 (16)
20200526 (17)

アマンディーン  シャネル
お気に入りのフランボワーズ色のバラ
去年の夏に少し弱ってしまったので心配していましたが無事復活~♪

20200526バラ

5月の庭の主役はやっぱりバラですね
十分なお手入れもできなかったのに綺麗に咲いてくれたバラたち
今年の気候がバラには心地よかったのでしょうね
クレマチスも可愛いお顔を見せてくれました

20200528クレマチス2

今年の5月はいつもと少し違っていました
新型コロナウィルスで何もかも自粛
それならば思いっきり庭が楽しめるかと思いきや・・・
次々とやってくる心波立つ出来事に振り回された私の5月でした
不安に押しつぶされそうになったけど、とにかく前を向いてとジタバタ
少しづつ気持ちが穏やかになってきたところです
いつもと変わらない平穏な日々が、何にも代えられない宝物なのだと痛感しています




セイヨウカンボクと小さな花

 今年のセイヨウカンボクは見事です
今までで一番の花付かも

20200502 (50)

枝がしなるほど、たわわに咲いた白い花

20200502 (45)

白くなる前は爽やかなグリーン

20200502 (59)


我が家の入口、ローズボーダーの端っこで存在感たっぷりです
過去記事を見直してみたら、このセイヨウカンボクがやってきたのは11年前
50㎝もないくらいの小さな苗木でした
この木の成長とともに、家族も庭も変わっていきました
そんなことを思うと、なんだか感慨深いです

新型コロナウィルス感染症に対する緊急事態宣言がさらに1ヶ月延長になりましたね
「新しい生活様式」なんて言葉がきこえてきます
コロナ対策をしながら、少しづつ社会が動き始めるのでしょうか
焦らず、油断せず、、少しずつですね
コロナ禍が収束したときには、社会は新しい方向へ向かうでしょう
それが人に優しい社会であることを願います

20200504 (20)


STAY HOMEのゴールデンウィーク
休日でも主婦は家事から解放されるわけもなく
私も平日に出来なかった雑事いろいろ、
今日は田植えに向けて田ごしらえ、疲れました~
そんなこんなで長いと思っていたお休みもあと一日になってしまいました^^;


20200504 (34)
20200502 (16)  


庭では次々と花が咲き、毎日その姿を変えています
最後の休日はのんびり庭仕事できたらいいなぁ・・・

花と猫と

 コロナの足音が近づいてきました
宇和島市の南、愛南町で県内最初の感染者が出てからじわじわと感染者が増え
ついに北に隣接する西予市にも・・・
全国でも毎日300~400人以上と収まる気配はみえませんね
やはり日本の対応はまだまだ甘いのでしょうか・・・
そんな鬱々とした日々を癒してくれる我が家のニャンズです

20200420 (16)


三毛猫のマメ(豆福)、もうすぐ1歳になります
引き戸を開けることを覚え、ちょくちょく脱走してしまいます

20200412 マメ

こんな姿にみんな笑顔

20200420 (14)
20200420 (18)


ユメ2歳、子猫のときは短毛でしたが、今は柔らかい毛が長くなりモフモフ
見かけに寄らず甘えん坊

20200420 猫


身軽なユメは軽々と木に登りますが
ちょっと太めのマメ、木登りはちょっと苦手

20200419 (41)

「とらネコ」という名のサフィニア 

20200419 (12)
20200419 (14)


地味な花もネーミングだけで可愛く見える(笑)

20200419 (38)


猫とともに気持ちを癒してくれる庭の花
花盛りの季節を迎えています


20200419 (43) 
20200421小花

小さな花がいっぱい咲いてにぎやかになりました
お出かけできない分、ゆっくり楽しむ庭時間です





優雅なクリスマスローズ登場!

 早春から楽しませてくれたクリスマスローズも終盤になりました
ほとんどが種を付け緑になった中で、遅れて咲いていた一輪
うつむいたお顔を持ち上げて、思わず「可愛い~♪」と独り言

20200409 (11)

外側は薄っすらピンクですが、内側は白
白いネクタリーがふわっとひらいたセミダブルです

20200409 (12)

同じ株の他の花は内側もネクタリーも薄ピンクなのに一輪だけ白
優雅で華やかなクリスマスローズです
この株は何年か前にピンクのセミダブル↓の種を採って蒔いたものの一つ

20190308 (34)

ずいぶん雰囲気違いますね

20200325 (14)

こちらも兄弟?いや姉妹?(笑)

種を採って蒔いても同じものは出来ないけど
思いがけない素敵な花ができることもありますね
また種を採ってみようかな

20200409 (22)

この白いクリスマスローズは事務所の入口にあります
アプローチ沿いには

20200409 (21)

エロディウムヒューケラビオララミウム

20200409 (15)

シラービマセラ

20200409 (17) 
アリウム・コワニー

小さな花たちは咲き競い春の喜びを歌っているようです
なのに心は押し込められた不安ですっきり晴れません
そのうえ今日は暗い雨の日曜日
TVを付ければ新型コロナウィルス感染拡大のニュースばかり
気持ちが落ち込みそうなときは、あえて離れることも必要です
だから今日はTVを消して片付けをしたり、猫の写真を撮ったり
久しぶりにの~んびり過ごしました




STAY HOME  私は庭にいます

 一日のコロナウィルス感染者が300人を超えたとの報道に衝撃を受けたのは一昨日のこと
そして昨日、今日とその数は増すばかり
感染爆発が現実になるのではと恐怖を感じます
「STAY HOME」世界中の著名人たちがSNSで呼びかけているようですね
この呼びかけが自粛要請にもかかわらず出歩く人たちに届くことを祈ります
愛媛県でも感染者が増え続けています
一昨日は一人の方が亡くなりました 通夜葬儀の席で感染したとのこと
感染源となってしまった人も身内の葬儀だからと、
自分が感染しているとは思わず出席したのでしょう
亡くなった方はもちろん、うつしてしまった方にも大きなダメージだと思います 
悲しいことですね
感染しないように注意するだけではなく、
自分が感染しているかもしれないと思って行動を自粛しなければ・・・
だから今は STAY HOME  不要な外出は控えめにして家ですごします


20200403 (34)

庭はすっかり春らしい景色になってきました
咲いているのはチューリップと小さな花たち

20200403 (2)

反対側から、ここはトレリス花壇です

20200402 (12)

3年目のチューリップ ガボタ このぐらいの大きさがちょうどいい

20200403 (6)

ニューサイランの鉢の周り
シレネ・ピンクピルエットアンドロサセの極小の花の間から
原種系チューリップ、ライラックワンダーが顔を出す予定でしたが、
イマイチ不調に終わったので、たまたま見つけたピンクのデージーを投入


20200403 (5)

見元園芸の苗で「ブルーデージー」と札が付いていました
その姿はイングリッシュデージーのピンク版という感じ
白いイングリッシュデージーと同じように広がってくれると嬉しいんだけど


20200403 (13)

最初のアングルに戻ります
花壇の縁にイングリッシュデージー、黄色はクリサンセマム ムルチコーレ、チューリップ3種


20200403 (16)


さらに奥の板塀の鉢植えコーナーへ

20200403 (27)
20200403 (8)
20200403 (7)

ネモフィラアネモネフルゲンスフウロソウ・ビルウォーリス
零れ種のイングリッシュデージーもコラボレーション

20200403 (25) 20200403 (24)

木箱にはシレネヘリオフィラ
ヘリオフィラの澄んだブルーが好き


先のみえない今の状況に心は落ち着かず不安は募るばかりですが
明るい日差し、芽吹き始めた木々、そして庭の小さな花たち
自然の輝きに力をもらって、もう少しがんばろう!
だから私は庭に居ます!