FC2ブログ

花待人 ゆうるり庭日記

category: フランスの薔薇  1/2

フランボワーズ色のバラ

ずっと欲しいと思っていたバラがあります。 その花の色はフランボワーズ色 と説明書きに フランボワーズって、 スイーツにそんな名前があったような・・?  なんだか美味しそうな魅惑的な響きです。 フランボワーズとはフランス語で、木苺、ラズベリーのことだそうです。 思い出しました!若い頃お気に入りだったラズベリージャム!  ピンクでもなく紫とも言えない、赤にわずかに紫を混ぜたような独特の色 あの色がフランボ...

  •  5
  •  0

画家のバラ‘カミーユ・ピサロ’

秋バラがやっと咲き始めました たった一輪でも、華やかなオーラを纏って   カミーユ・ピサロ Camille Pissaro 1996年 デルバール  レ・ローズ・ドゥ・ペーントゥル 画家のバラと名付けられたシリーズの一つです。 他に‘ポール・ゴーギャン’‘モーリス・ユトリロ’‘ポール・セザンヌ’と 有名な巨匠たちの名を冠した、絞りのバラのシリーズです。 赤、ピンク、白、黄色とまさに油絵のように重なる色       個性...

  •  2
  •  0

シャンテ・ロゼ・ミサト

 5月の庭の主役はやっぱりバラ でも 今年の主役たち あまり調子がよくないみたい 冬に十分なお世話ができなかったから? それとも 春先の低温の影響かしら? いずれにしても 最初の花がとっても小さかったり 形が変だったり..σ( ̄、 ̄=)ンー・・・ そんな中、変わらず美しい姿をみせてくれたのは  シャンテ・ロゼ・ミサト Chant Rose Misato 2004年作出 デルバール社   明るいライラックピンクの中輪カップ咲き ...

  •  4
  •  0

ピンク.サクリーナ

バラ総集編の最終便です まだまだ ご紹介したいバラはありますが季節も変わったことですし またの機会に..最後は今年のNEW FACEの登場です  ピンク.サクリーナ Pink Sakurina   2006年作出 メイアン社   桜を思わせる 5弁の一重咲き   小さな蕾が房になって付き    花径7cmくらい 開いたばかりの花は 黄色い花芯と赤紫のおしべの対比が 繊細な美しさ ピエール.ド.ロンサールを世...

  •  6
  •  0

フランシス.ブレーズ

またまた ギヨーのバラギヨー社は1829年創業の名門バラ育種会社多くの優れたオールドローズを作出し 1867年に作出した「ラ.フランス」は 初のHTとしてあまりにも有名ですね現在の代表作が ここまでご紹介したヴェルシーニ、フローランス.ドゥラートル そしてこのフランシス.ブレーズを含む 「ロサ.ジェネローサ」シリーズですモダンローズと独自のオールドローズの交配により生まれた他とは違った個性的なバラたちですそ...

  •  6
  •  0