FC2ブログ

花待人 ゆうるり庭日記


バイカオウレン:博士の愛した花

 愛らしい早春の花 バイカオウレンが咲きました~♪

20190213 (26)

バイカオウレン(梅花黄蓮) 
Coptis quinquefolia
キンポウゲ科 / オウレン属

20190213 (27)

大好きなクリスマスローズやクレマチス、アネモネetc.みんなキンポウゲ科
キンポウゲ科の植物たちにとても心惹かれます
バイカオウレンも小さな小さなキンポウゲ科の花です
東北以南の林床に自生する山野草で腐植質に富んだ湿った場所を好むのだそう
根元からほふく枝を伸ばして広がるので、自生地では群生しているんですって
我が家のバイカオウレンは素焼きの小さな器に水はけの良い土で植えて、日向に置いていました
今回詳しく調べたら、全く真逆でしたね~^^;
そんな環境のせいか、葉っぱが茶色く枯れてしまいました
枯れた葉を切るとビックリ!中から蕾がいっぱい現れたのです!
山野草の中では育てやすいとのこと、納得です

20190213 (31)

花径1.5㎝くらいの小さな花は、レンズ越しでなければ細部は見えません
白い花びらに見えるのはキンポウゲ科のお約束、ガクです
花びらは退化して蜜腺となっています
綺麗な五角形にならんだ黄色い丸に見えるのがそれ
左の咲き進んだ花では白くなっていますね


20190213 (22)

バイカオウレンは「日本の植物分類学の父」と言われる牧野富太郎博士が大好きだった花
博士の業績を顕彰するために作られた高知県立牧野植物園のロゴマークはバイカオウレンの葉の形です
だから園内にはたくさんのバイカオウレンが植栽されています

50115451_1948828851832831_8166393534635573248_n.jpg

牧野植物園FBよりお借りした写真
一面に広がる満開のバイカオウレンの花、1月22日の撮影です
里山の早春を感じさせる自然な植栽~♪
一度はこの景色を見たいと思いながら、まだ実現していません 
いつかきっとね o(*⌒―⌒*)o♪ 



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

グラスの季節

 穏やかな朝です
ヒンヤリ冷たい空気を香り思いっきり吸い込んだら、ほのかに金木犀の香り
本当に気持ちのいい季節になりました
いま庭はグラスの季節です

20181003 (22)

ピンクのベールをまとった秋明菊ダイアナ

20181003 (34)
20181003 (20)

ベールの正体はミューレンベルギア・カピラリス
煙のようなローズピンクの穂がとても綺麗

20181003 (6)
20181003 (8)

カラマグロスティス ブラキトリカの穂もフワフワ

20181003 (13)

お隣はパニカム プレーリースカイ
手前の銅葉はニューサイラン

大好きなグラスの穂が次々と上がり
お手入れ不足も相まって野原のような庭になってます

20181003 (47) 20181003 (48)

ほんとに野原からとってきました、チカラシバ

20181003 (14)

パニカム チョコラータもお気に入り

20181003 (37)

蜘蛛の糸で五線譜
音符をのせてみましょうか♫
秋のメロディが聞こえるかも o(*⌒―⌒*)o♪






 ブログピープル園芸&写真に参加しています
↑ポチッと応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

雪割一華

 静かに密やかにユキワリイチゲの花が咲きました

20180313 (3)
 
ユキワリイチゲ
雪割一華
Anemone keiskeana
キンポウゲ科イチリンソウ属
本州西部から九州にかけて自生する日本固有種

20180313 (1)


2月から4月にかけて花開くイチゲ類やセツブンソウなどのキンポウゲ科の小さな花
日本の山野に自生する春の妖精・スプリングエフェメラルたちです
可憐な花は乱獲や自生地の環境破壊によって多くは希少植物となっています
このユキワリイチゲは縁あって我が家にやってきました
山野草は難しいのではと思いながら鉢植えで育てて5年くらい
比較的育てやすい種のようで、高温多湿の我が家でもよく殖えて
今年はたくさんの花を咲かせてくれました

20180313 (8)


陽が当たると開き、陽が陰ると花を閉じます
陽の下では薄ピンク色に見え

20180313 (10)

陰にしてみると青くみえます
花が終わり夏の間は地上部はなくなるので
冬に褐色の芽を見ると嬉しくなります
再会を心待ちにする愛らしい花なのです






 ブログピープル園芸&写真に参加しています
↑ポチッと応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

エリゲロン アズールフェアリー


 一年ほど前だったでしょうか
ガーデン雑誌ビズに掲載されていたイギリスの庭の写真に目が釘付け
それは憧れのブルーガーデンでした
その中で気になった花、ラベンダーブルーの菊のような花
これはいったい何? 
わからないまま数か月が過ぎ
昨年の9月、おぎはら植物園のカタログが届きました
いつものようにワクワクしながらページをめくり・・・
んっ?これは?もしや・・・ビズで見たあの花では?
少女のように胸が高鳴りました

20170530 (57)
エリゲロン アズールフェアリー
Erigeron speciosus 'Azure Fairy'
キク科 宿根草
草丈50㎝前後
北アメリカ原産

エリゲロンというとまず思い浮かべるのはエリゲロン カルビンスキアヌス(源平小菊)ですね
小さな白い花が次第にピンク色に変わり、白とピンクが混ざり合う可愛くて野趣たっぷりの花
こぼれ種を所かまわずとばしてドンドン殖える元気印です
同じエリゲロンでも、こちらのエリゲロン スプシオサスはアスターのように茎が立ち上がり
分枝した先に花径3㎝くらいの花をたくさん咲かせます
花弁は細く、ハルジオンを大きくしたような花の形
何よりも胸がときめいたのはこの色
他にはあまり見ない、鮮やかなラベンダーブルーです

20170516 (56)
5月16日

開き始めた最初の花はピンクに近い淡い紫色

20170522 (16)
5月22日

開ききった花は青さが増して、思い描いていた色になりました

20170530 (58)
5月30日

いっぱい咲いてうれしい~🎵
株がまだ小さくて、草丈は30cmくらい、枝数も少なめ・・・
これから大きくこんもりと茂ることを夢見ています
耐暑性は強ですが、高温多湿は少々苦手、今年の夏はかなり暑いらしいので
夏越しが心配・・・
保険のために種を採ろうと思ってます o(*⌒―⌒*)o♪


おまけにもうひとつ、お気に入りの青い花

20170530 (17)

ヤシオネとだけしか分からないキキョウ科の多年草です
数年前に種を蒔きました
どうやら高山植物らしく高温多湿の庭ではこの株がたった一つ生き残りました
花の下の葉っぱは隣の鉢のバラの葉、ヤシオネの葉は右奥に少し見える細い葉

20170526 (3)

アップで見るときれいでしょ?
自然の造形はやはり美しいです


6月になりました
湿度が上がり蒸し暑くなってきましたね
なんだか空気が重くなったような気がします
家の前の真っ暗な田んぼの上をフワリフワリと蛍

UFOか見まごうジグザグ星ホタル  花待人

先日何気なく見上げた夜空に、突然上がったり下がったりする光を見つけ
「もしやUFO?」と思ったのですが、良く見ると、空高く舞い上がった蛍でした ^^;




 ブログピープル園芸&写真に参加しています
↑ポチッと応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

紫ルーシャン


 庭は静かな眠りの時へ・・・と前回
しかし、夏からロングランで咲き続ける花がいまだ健在です

20161201 (44)
紫ルーシャン
Centratherum punctatum
キク科

別名:リンゴアザミ
原産地:熱帯アメリカ、オーストラリアなど
半耐寒性宿根草

20161201 (43)
12月1日

熱帯生まれ、暑いのが大好きで、寒いのは嫌いな宿根草です
温度を保てば冬越しも可能で咲き続けるようですが
ほったらかしの我が家では、霜が降り本格的な冬になると枯れてしまいます
だから、この姿もそろそろ見納め
冬には枯れてしまうけれど、春が過ぎ、気温が上がり始めると
同じ場所で零れ種が芽を出して

20160904 (29)
9月4日

猛暑もなんのその、ドンドン枝数を増やし大株に

20161019 (27)
10月11日

同じく暑さに強いブルビネ・フルテスケンスとコンビを組んで花盛り

20161019 (24)
10月14日

20161019 (31)
10月19日

花径3㎝くらいの小さな花
素朴だけど、意外と繊細 

20161115 (27)
11月15日

夏から初冬まで、庭を彩ってくれるお気に入りの花です
冬に枯れた花を抜くときに種をこの辺りに振りまいておきます
私のすることはこれだけ^^
後は一切お手入れ要らず
おもしろいのは、この花が芽を出すのは、土の肥えた花壇の中ではなくて
花壇の外側、砂利を敷いた固い地面だけなのです
キビシイ環境を選んで生き抜く逞しさに脱帽

20161011 (13)

紫ルーシャンには蝶や蜂たちが訪れます
この花の別名はリンゴアザミ 
葉っぱをもむと、甘いリンゴの香りがするのです
この香りに誘われて虫たちが集まるのかな?
逞しくて優しい花 そんな生き方がいいな o(*⌒―⌒*)o♪




 ブログピープル園芸&写真に参加しています
↑ポチッと応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

| ホーム |

■ プロフィール

花待人

Author:花待人
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (360)
1月の庭 (28)
2月の庭 (28)
3月の庭 (27)
4月の庭 (38)
5月の庭 (54)
6月の庭 (41)
7月の庭 (29)
8月の庭 (26)
9月の庭 (32)
10月の庭 (25)
11月の庭 (17)
12月の庭 (15)
薔薇 (43)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (19)
宿根草 (59)
球根 (40)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (85)
神話の中の花物語 (3)
ケセラセラの日々 (77)
家族 (42)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (61)
お出かけ (62)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (13)
庭の生き物 (23)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (22)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード


まとめ