花待人 ゆうるり庭日記


あったかいね♪北海道 ♪ 北海道旅日記 Part10 ♪

一昨日のニュースで「大雪山系旭岳に初冠雪」と報じていました。
夏の終わりの北海道を旅してから もう3週間もたつのですね。
北海道はもう秋色に染まっているのでしょうか? 
短い秋が終わると 厳しい冬が駆け足でやって来るのでしょうね。

 北海道:2009.8.23~26 043 

‘あったかいね北海道’なんてシチューのCMコピーみたいですが、 
初めて旅した北海道で出会った人たち み~んなとってもあったかかったのです。
北海道初日の宿は ホテルではなくペンションとかもいいよね 
ということで お世話になったのが 上富良野町深山峠に立つ‘ウッディ・ライフ’でした。

 126.jpg (S)

 観覧車の下に見える赤い屋根が‘ウッディ・ライフ’

IMG_0376.jpg IMG_0430.jpg

明るくパワフルな奥様と楽しいマスター、優しそうな息子さんの 家族で経営する 
ログハウスのレストランと宿泊用のコテージのあるお宿です。

  北海道:2009.8.23~26 021

あたたかい雰囲気のレストランで頂いた「特製 黒豚カレー」 
お肉がトロトロに柔らかく 美味しかった~ぁ!

北海道:2009.8.23~26 027 

 IMG_0393.jpg (N)

 お庭には 見たことのない可愛い花がたくさん

 撮影 つた子さん 001 (S)

 ツリフネソウというそうです

 北海道:2009.8.23~26 046 

 道路沿いにはキャットミント

 北海道:2009.8.24 

 コテージの周りにも 自然な植栽

 「神の恵みの庭」と笑う奥様 「ヒマワリも勝手に生えてきたのよ」と楽しそう ♪

 北海道:2009.8.23~26 047 

 道路の向こうにはインゲン豆の畑 こんな花が咲くんですね!

   北海道:2009.8.23~26 040 099.jpg

家族で日本中から集めたという見事な貝のコレクションや、 
隠れ家のような写真ギャラリーは圧巻でした。 

ウッディ・ライフのみなさま、アットホームな暖かいおもてなし ありがとうございました!

 IMG_0448.jpg   

札幌から来たという ツーリングのお2人 
’ふらの牛乳’ありがとうございました おかげですっかりハマっちゃいましたよ ♪

 高速のハイウェイオアシスで 突然の雨に傘をさしてくれた おじさん

北海道:2009.8.23~26 004 

 北海道伝統美術工芸館で 
「写真撮ってあげるよ」と声をかけてくれた客待ちのタクシーの運転手さん、
「うまく撮れたでしょう!」と 撮ってくれた写真には運転手さんの指もバッチリ写って..

 IMG_0317.jpg あははっ..

 いろいろ丁寧に教えてくれた「道の駅 あさひかわ」の皆さん、
そして富良野風景画館の素敵な女性シルビアさん

 北海道:2009.8.23~26 248 

 みなさ~ん! ('-'*)アリガトゥ♪ です

3泊4日の花巡りの北海道旅行記は これでおしまい ♪ 大・大・大満足の旅でした!
心残りになりそうだった ‘スープカレー’も 出発直前の千歳空港で食べられたし♪
お土産もい~っぱい買ったし♪

 2009.9.3 001 

 何よりも 素敵な思い出が一番のお土産です。
雄大な北の大地 広い空と あったかい北海道の人たちに感謝です。

そして...

SEE YOU AGAIN!

きっと また いつかね♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

旭山動物園 ♪北海道旅日記 Part9 ♪

旭川といえば 「旭山動物園!」  多くの人がそう答えるでしょうね。
上野動物園を抜いて 日本一の入場者数を誇る話題の動物園ですね。
旭川に来て、ここに行かないってこともないね~ってことで やって来ました♪ アラフィフ4人組です

 IMG_0797.jpg 

 旭山動物園

IMG_0899.jpg 

平日の午後3時すぎに入場、ピークは過ぎたようですが お子さん連れの家族、若いカップル、
私たちのような大人だけのグループなど まだたくさんの人で賑わってます。
この夏休みも きっとたいへんな数の入場者があったのでしょうね。
片隅に置かれた 入館待ちの行列を整理するのに使われただろう 三角コーンとバーが
賑わいを物語っています

では 動物たちに会いに行きましょう♪

まずは アザラシ館

nattyann 002 (N)

上のアザラシプールから続く円柱を 下ったり上ったり、そのスピードの速いこと!
必死でシャッターを押したものの 私の写真は ブレブレ..で 
またまた借り物写真にてご紹介と相成りました。 
んっ! 円柱の向こうにいる人の顔が..(笑)

 nattyann 003 (N)北海道:2009.8.23~26 240 

 モグモグタイムでした お魚 おいしい?

 お次は 北海道:2009.8.23~26 241  です

  nattyann 010 (N)

 水中のペンギンを下から見られる水中トンネル  
まさに 空飛ぶペンギン! すっご~い!楽し~い!

  nattyann 011

 イワトビペンギンですね 泳ぐのが速い!

 ペンギンたちが目の前を通り過ぎるたびに 「オォ~!」と歓声がひびく水中トンネル 
旭山動物園を有名にした行動展示の1つです なるほどこれは たしかに面白い!

 nattyann 013 (N)

 こちらはキングペンギン きれ~い!

 北海道:2009.8.23~26 251 

地上では 羽でバランスを取りながらヨチヨチ歩くペンギンの姿からは想像できない
水中での機敏な動き、魚を狙うハンターの目 従来のペンギンのイメージにはありません。
ただ可愛いだけではない動物本来の姿を見せたい。 動物園スタッフの想いがつたわりますね

 お次は tutako.jpg  シロクマ館です

 北海道:2009.8.23~26 263 

 こちらのシロクマ館で有名なのが シロクマ君の迫力あるダイブですね。 その場所がこちら

 北海道:2009.8.23~26 266 

水面の位置に 観客の頭がくるこの高さが 迫力あるダイブが見られる理由だそうです。
くいしんぼうのシロクマくん、観客の頭を大好物のアザラシだと勘違いして水中にダ~イブ!

残念ながら私たちは シロクマくんのダイブは見られませんでした。
何しろ 夕方近くになって シロクマくんもさすがにお疲れ? おなかもいっぱいかな?
シロクマくんのダイブが見たいなら 開園直後の午前中がオススメだそうです

 北海道:2009.8.23~26 269

これはホッキョクギツネ

えっ? なんか違うって?そう ホッキョクギツネは真っ白なフワフワのイメージですよね。
実はこれは夏毛だそうです。夏には白い長い毛がぬけてこんな姿になるんですね。
抜け残った長い毛が見えます なんだかその辺にいる貧相な犬みたいです。

まだまだたくさんの動物たちのいる旭山動物園ですが、時間と体力がリミット!
ゆっくり 時間をかけて回れたら楽しそうです。
孫たちを連れてきてやりたいなぁ..と思いつつ 旭山動物園を後にしたのです。

 北海道:2009.8.23~26 275 

夕暮れの空に お月様

 入場者数の減少から 閉園の危機となった旭山動物園が、日本一の動物園になったのは
なんとか動物園を続けたいという 園長やスタッフの熱意の賜物であることは、TVドラマや
マスコミの報道でみなさんご存知ですよね。
飼育員のみなさんの夢の動物園を 1つずつ形にして 今までにない動物園ができました。
夢を持ち続けることの大切さを教えられます
いくつになっても 夢みることを諦めないで! ささやかでも夢を持ち続けたいですね ♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

上野ファーム ♪ 北海道旅日記 Part8 ♪

 2ヶ月に一度 我が家に届く一冊の雑誌
‘もっと素敵に、花と緑のある暮らし’のサブタイトルがつけられたBISESです。
ガーデナーの皆様ならご存知の方が多いでしょうね。
とても美しい写真と 庭だけでなくライフスタイルまで提案してくれるクオリティの高い内容 
憧れのため息と共に 繰り返しページをめくります

このBISESで4年に1度行われる 一般から募集した庭のコンテスト 
吉谷桂子さん、梶みゆきさん、ポール・スミザーさんなどそうそうたる審査員メンバーにより
選ばれる ‘ビズ・ガーデン大賞’です

2004年第3回ビズ・ガーデン大賞 グランプリを受賞したのが 
上野砂由紀さんとお母様の悦子さんがつくりあげた上野ファームです

  2009.9.10 020
 (ビズNo.33より)

こんな可愛いお嬢さんが庭造り!と ちょっとびっくり。
砂由紀さんは イギリスでガーデニングの勉強をし 帰国後本格的に庭造りを始められたとか 
ん~っ 私もあと30ほど若ければね~っ ! 夢の英国留学なんてね ♪
ご両親と砂由紀さん家族で 広さ一千六百坪のもとは水田だったところに造りあげた庭は 
イングリッシュガーデンをベースに 北海道ならではの植栽を加えた
まさに北海道ガーデンなのです

 上野ファーム

 北海道:2009.8.23~26 232

 前置きはこのくらいにして さあ‘上野ファーム’の散策に出かけましょうね ♪

 北海道:2009.8.23~26 227 

 入口を入ってすぐ 左手に可愛いガーデングッズのショップ こちらは後のお楽しみ♪

 北海道:2009.8.23~26 228 

 右手には庭の散策のあとにお茶を楽しめるNAYAカフェ

 北海道:2009.8.23~26 230 

 正面のオレンジ色の屋根の建物を抜けて 庭へ入ります。
入口の脇にはキッチンガーデン 露草もすまして仲間入り

 北海道:2009.8.23~26 179 

 丸い窓がポイントのレンガの塀

 minako 001 (M)

 緑のトンネルを抜けると

 minako 002 

 色づいた実 何の実?

 北海道:2009.8.23~26 204 

 左右対称に植栽されたミラーボーダー 青いベンチが アイポイント 
季節ごとに主役の宿根草は交代します

 北海道:2009.8.23~26 192 

ヘレニウム 後ろのエゾクガイソウの花は終わってました 残念

 北海道:2009.8.23~26 183 

 ルリタマアザミ

 北海道:2009.8.23~26 201 

 サラシナショウマ

 北海道:2009.8.23~26 195 

 ミソハギ

 撮影 つた子さん 008 (S)

 クナウティア‘マースミジェット’
マツムシソウの仲間 華奢な姿に似合わず強健種らしい

風のガーデンの花と同じ花がたくさんあります。
もちろん 風のガーデンも上野砂由紀さんのデザインですものね。
倉本聰さんが よく行く旭川のレストランのガーデンが気にいって 誰がつくったの..?
というところから 上野さんに風のガーデンの庭造りを依頼したそうです。
こうして‘風のガーデン’のデザイナーとして一躍有名になった上野砂由紀さん 
ガーデン界のシンデレラなんていわれていますね

 minako 015 

 可愛いガーデンシェッド

 北海道:2009.8.23~26 206 

  パープルウォーク

初夏には ネペタと宿根サルビアで紫のグラデーションが美しい..はず、今はグリーンウォーク? 
春には小さな球根花が散りばめられた 「宝石の小道」になります
奥にはサ-クルボ-ダー

 北海道:2009.8.23~26 216 

 サラシナショウマの見事な花穂

 ここには たくさんのバラたちが 咲いています

 minako 009 
minako 020 
北海道:2009.8.23~26 213 
北海道:2009.8.23~26 217 
北海道:2009.8.23~26 185 minako 022 

この日は快晴 汗ばむくらいのいいお天気 陽射しも強く、うまく写真が撮れませんでした。
雰囲気だけでもお伝えできれば いいのですが..

パープルウォークとサークルボーダーの周囲を囲むのがロングボーダー

 DSC04714.jpg 

 曲線を描く 小路の脇に様々な植栽

 北海道:2009.8.23~26 220 

 これはタケニグサ 園芸種のようですね。足元は黄金シモツケ 

 お隣には

minako 023 

 淡いピンクが可憐なオリエンタル系の百合

 minako 004 

 リグラリア・デンタタ‘ブラッド・マリー・クロフォード’

北海道:2009.8.23~26 210 

 バーバスカム‘シックスティーン・キャンドル’

 北海道:2009.8.23~26 202 

ティーゼル

 北海道:2009.8.23~26 203 

 木に伝う クレマチス

 夏の花も ほとんど盛りを過ぎ 秋の気配の庭でした。
園内で写真撮影をお願いした2人連れの女性は 地元の方たちで年間パスポートを
お持ちだとか 近くなら四季折々の庭の姿を楽しめるのにと うらやましいかぎりです 

 minako 025 

ガーデンショップ‘丘のふもとの小さな苗屋’には ガーデンで見た宿根草の苗がたくさん 
「ほっ!欲し~い!」と思うものもいろいろ、しかし ここで買っても..持って帰るのも大変だし、
なにより いまだ真夏日の我が家で育つものかどうか 疑わしい..
やはり ここはぐっと我慢です。こんなガーデンが近くにあったら いいのにな~ぁ

風のガーデンと共に、違う季節にまた訪ねてみたい素敵なガーデンがまた1つ増えました

 パンフ 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

千望峠 ♪北海道旅日記 Part7 ♪

今日は旭川へ向かいます。

富良野から旭川へ向かうには 何度も登場している国道237号線をひたすら北へ走ります。

でも 今日はすこし廻り道

 昨日 訪れた‘富良野風景画館’からの帰り際

「とてもきれいな風景が見えるところがありますよ」と シルビアさんが教えてくれました。

画家 奥田修一さんが実際にイーゼルを立て、描いた風景に会える場所 

大雪山系 旭岳がとてもきれいに見えるとか

 道道759号を富良野風景画館からさらに北へ 緩やかな山道を上富良野町方面に向かいます。

峠の頂上を越すと 一気に視界が開けます。

 千望峠

DSC04580.jpg (M)

 空が こんなにも広い!

 DSC04587.jpg 

なだらかな丘に広がる 広い畑

もちろん開拓により 切り開かれた畑ですね。最初の入植者たちの労苦は 想像も出来ません。

厳しい自然環境の中 人の手によって生み出された 豊かな大地 

先人の想いと自然への感謝をわすれてはいけませんね。

 DSC04585.jpg 

 旭岳の頂上部は雲に覆われて 残念ながら見えませんが、奥田修一さんの絵 そのままの風景が広がります

 奥田修一 003 

 奥田修一 画 (ポスターより)

夏の終わりの朝の風は ひんやりと涼しく 心地良い 思いっきり深呼吸して さあ 出発です!

次の目的地は もう1つの風のガーデン ‘上野ファーム’です

  IMG_0691.jpg

 路傍に咲く マーガレット 誰かが植えたのかしら ♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

富良野風景画館 ♪ 北海道旅日記 Part6 ♪

富良野市街から 花人街道国道237号線を北上し 中富良野町へ 
中富良野駅の少し南から西に向かい 道道759号線を北上 
北海道に来て初めてのくねくねと曲がる山道を抜けると、
谷間に民家が点在する 中富良野町奈江の集落があります

地図を見ながら 静かな山間の道を走ります。
「そろそろこの辺なんだけど...」と目を上げた瞬間

 撮影 美奈子さん 024 (M)

 青空をバックに銀白色に浮かぶ木 !

「あの木 なに!?」「きれ~い!」 思わず みんな叫んでいました。

「あっ! ここ!ここ!」 

 富良野風景画館 クリックでHPへ

 8.24富良野風景画館 

 かっては 奈江小学校の校舎だった建物 昭和25年の建築
ひっそりと佇む建物は静寂につつまれて...

「開いてるのかな?」

「開館って書いてあるよ」

 北海道:中村 025 

 敷地に足を踏み入れると そこはまるで別世界 
「ねぇ あの木なんだと思う?」「なんだろうね?きれいね~」
にぎやかに 入口の扉を開けた 私たちを

「あの木は 銀ドロですよ」と微笑んで迎えてくれたのは 金髪の外国人女性 
スペインの方だそうで 14年前から富良野に住んでいらっしゃるとか。
彼女の名前をお聞きした アラフィフの私たちの脳裏に
♪ 別れた人に会~った 別れた渋谷で会~った ♪ のメロディが...
さあ 彼女の名前 分かりましたか?

ここは 富良野の自然に魅せられ、富良野の風景画を描き続ける画家 奥田修一さんが
アトリエとして使っていた 旧奈江小学校の建物を個人美術館として開放したもの

 171.jpg (S)

 入口の扉 どこか懐かしい

  169.jpg (S)

 とても印象的な窓

  撮影 つた子さん 004 (S)

 ピカピカに磨かれた廊下 思わずスケート!と滑ったのは私です

時の流れを止めたような ノスタルジックな洋風建築の小さな小学校に、
子どもたちの声が消えた今  
自身を「百年遅れの印象派」と呼ぶ奥田修一さんの 富良野の四季を描いた絵が
新たな命を吹き込んでいるかのよう 
‘館それ自体が1つの作品のように画家によってコーディネイトされています’
パンフレットの一文に納得です

 奥田修一 004 

 奥田修一画 富良野の丘にかかる虹の絵(ポスターより)

 館内には カフェコーナーも

 北海道:2009.8.23~26 246 

 カフェ‘ 銀ドロ ’

 撮影 つた子さん 005 (S)

 窓の外の 大きな銀ドロの木を眺めながら

 北海道:中村 019 

 ローズティーとチーズケーキのセットを頂きました。
あらっ お茶にも銀ドロが映ってますね 

 おいしいお茶をいれて 館内を案内 絵画の解説もしてくださったのは、 
遠くスペインから来たという シルビアさんでした。
もしかして 画家さんの奥様? なんてかってに想像したりして 

 DSC04567.jpg (M)

 かっての校庭は 一面クローバーやタンポポに覆われたグリーンカーペット

 なぜだか 思いっきり駆け出したい衝動にかられます。
時を遡り 無邪気に(?)はしゃぐ数十年前の小学生と 優しく見守る先生の図 
静かな暖かい時が流れる 素敵なところ 
銀白色の‘銀ドロ’と共に心に残る 印象深い場所でした。


  銀ドロの木

 ギンドロ (銀泥)   

    別名: ウラジロハコヤナギ、ハクヨウ、ホワイトポプラ 
学名: Populus alba

ヤナギ科の落葉高木 成長が早く20mくらいになる 雌雄異株 
原産地はヨーロッパ中南部や西アジア 明治中期に日本に入る 
葉裏に毛が密生し銀白色に見える 葉の表は緑色 
耐寒性は強いが 暑さには若干弱い 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

| ホーム |

■ プロフィール

hanamatibito

Author:hanamatibito
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (328)
1月の庭 (24)
2月の庭 (24)
3月の庭 (24)
4月の庭 (37)
5月の庭 (51)
6月の庭 (39)
7月の庭 (28)
8月の庭 (23)
9月の庭 (26)
10月の庭 (20)
11月の庭 (17)
12月の庭 (15)
薔薇 (42)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (18)
宿根草 (56)
球根 (39)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (83)
神話の中の花物語 (2)
ケセラセラの日々 (67)
家族 (41)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (54)
お出かけ (60)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (13)
庭の生き物 (22)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (19)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ BlogPeople

■ バラ大好き

■ 花*自然*写真

■ ガーデニング

■ 宿根草

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード


まとめ