FC2ブログ

花待人 ゆうるり庭日記


飛騨の旅 Part3・乗鞍岳〈コマクサ編〉

 直撃かとビビッていた台風10号は宇和島のほぼ真上を通過していきました
この台風、中心の東側に激しい暴風雨を伴って広い範囲に大きな影響が出ているようです
しかし中心部はあっけないくらい静かで朝は陽も差していました
これから影響のありそうな地域の皆様ご注意くださいね
さて、毎年のことながらお盆の帰省客で大賑わいの我が家です
やっと静かになった今夜久しぶりにPCを開いています
飛騨の旅の記録、再開です o(*⌒―⌒*)o♪ 

乗鞍岳で会えるのをもっとも楽しみにしていた花、コマクサ
北海道から本州中部の高山に自生する、まさに高嶺の花です
乗鞍では、富士見岳で見られるとかなりアバウトなリサーチのもと
コマクサを探し始めたのですが・・・
霧で見通しはきかず、たぶんこっちと主峰剣が峰への登山道へ

IMG_9409.jpg

しかし、大きな石がゴロゴロした上り道はお花畑の木道とは大違い
少し上っただけで心臓バクバク、息が切れて・・・
運動不足だからとその時は思ったけど、後から空気が薄かったのだと気が付きました
何しろ2700m超の高地ですから
上から降りてきた人に尋ねると、どうやらその先にはコマクサはなさそう
結局わからなくて、バスターミナルの案内所で教えてもらいました
富士見岳の登り口、広くなだらかな道の脇にその花は咲いていました

IMG_9487.jpg

コマクサ(駒草) ケシ科

駒とは馬のこと、花の形が馬の顔に似ているから名付けられたとか

IMG_9489.jpg

咲いているのは石がゴロゴロしたこんな場所
他の植物が育たない砂礫地、こんな過酷な環境に自生するなんて奇跡のよう
霧が出ると細かく切れ込んだ繊細な葉に付く水滴は貴重な水源です
コマクサの草丈は10㎝くらい、でも根はとっても長くて
50㎝から1mの根を地中深く張り巡らせているそうです
その根から精一杯水を集め、乾燥に耐えているのです
強く美しい孤高の花、まさに女王ですね

IMG_9476.jpg

たくさんの花を上げる大株
ここまで育つにはどれだけの年月が必要だったのでしょうか

IMG_9500.jpg

コマクサの群生する斜面は立ち入り禁止
地中に張り巡らされた根を踏みつけて枯らさないように保護されています

IMG_9484.jpg

コマクサの咲く砂礫地にはこんな小さな花も咲いてます

IMG_9469.jpg

イワツメクサ (岩爪草)

IMG_9471.jpg

イワギキョウ (岩桔梗)

石の間に咲くコマクサやイワツメクサ
お花畑のハクサンイチゲやクロユリは比較的水分の多い窪地に
コイワカガミやチングルマはその中でも早くに乾燥する場所に咲くのだとか
植物は多雪や強風にさらされる高山の厳しい環境の中でも
それぞれに居心地の良い居場所を見つけているのですね

IMG_9446.jpg
ナナカマド(七竈)ハイマツ(這松)

お花畑の山側、大きな岩が点在する斜面にありました
樹木ですが、その高さは2mくらいです
このあたりには高い木は全くありません
日本では標高2500mをこえると高山帯となり高木は育ちません
スカイラインを上りながら眺めた森林植生はとても興味深いものでした
1000m付近には常緑針葉樹の森、しだいにグネグネと曲がったダケカンバが多く見られ
2500mを超えると高木はなくなり、一気に視界が開けるのです

IMG_9443.jpg
ハイマツの斜面で見つけたミツバオウレン(三葉黄連)

IMG_9475.jpg
アオノツガザクラ(青の栂桜)

IMG_9457.jpg

ライチョウには会えなかったけど、人懐っこいイワヒバリが姿をみせてくれました

お天気には恵まれませんでしたが、過酷な環境の中で咲くたくさんの花たちに会えた乗鞍岳
雨・霧・寒さも思い出に残るいい経験になったかも
槍や穂高といった北アルプスの山並みが見えなかったのは残念でしたけどね o(*⌒―⌒*)o♪

アラ還6人の珍道中はなっちゃんと津島シャロームさんが詳しくUPしてくれています
なっちゃんのブログはコチラ
津島シャロームさんのブログはコチラ



次のページ>>

飛騨の旅・Part1 平湯温泉

慌ただしい日常から時には逃げ出したくなることがあります
特に3月から始まった介護生活は思った以上に厳しくて、そろそろ限界!と根を挙げて
仲間を巻き込み7月21日~23日リフレッシュ旅行に行ってきました~♪
行き先は・・・


IMG_9487.jpg

高山植物の女王 コマクサの咲く乗鞍岳

IMG_9514.jpg

歴史と伝統文化の息づく町 飛騨高山

IMG_9567.jpg

一度は行ってみたかった世界遺産 白川郷

すっかりご無沙汰のブログ、久々の更新は飛騨の旅の記録です 
旅のメンバーは6人
なっちゃんご夫妻、津島シャロームさんご夫妻、そして私たち夫婦
気の置けない仲間たちとの賑やかな旅となりました

旅に求めるものは人それぞれ違いますね
私たち女性陣はやっぱりきれいな自然やお花が必須
男性陣には美味しい食事とお酒も外せません
そして温泉でまったりはお約束
でっ、選んだ一日目の宿は
乗鞍岳の麓、奥飛騨温泉郷・平湯温泉「お宿栄太郎」
料理自慢のアットホームな旅館です

20190721平湯温泉

山菜、飛騨牛、鮎と次々と出されるお料理の美味しかったこと♪
夫たちのお酒もすすんで上機嫌
美味しいものを食べて、温泉に入って、テンションは上がりっぱなし
我らアラ環6人衆、すっかり歳は忘れておりますo(*⌒―⌒*)o♪ 




次のページ>>

ススキ野原で

 生きていると、いつのまにか
いろんな荷物をしょっているもの
先週、またまたギックリやってしまいました
いつもの接骨院のI先生に曰く、精神的なものだねって
そう確かにいろんなことがありました
自分ではそんなに気にはしていなかったつもりだったけど
荷物が重くなってたみたい・・・

20180917 (67)
20180917 (6)

芒原心の荷物置いてきた   花待人

四国カルスト天狗高原です
一面のススキがなびく秋らしい景色
ひんやり冷たい風の中にいると、心がゆるりと解けてゆくのを感じます


20180917 (57)
20180917 (53)


姫鶴荘の斜面、一面に咲いていた濃いピンクのゲンノショウコ

20180917 (21)

キンエノコロにミゾソバ

20180917 (16)

素朴な野の花が咲く、どこか懐かしい大野ヶ原の景色

天狗高原ではユニークな花に出会いました

20180917 (73)

ずっと会いたかったオヤマボクチだと思って興奮したのだけど
帰って調べてみるとハバヤマボクチじゃないか?と津島シャロームさん

20180917 (76)

切れ込みのある細長い葉っぱなのでたぶんハバヤマボクチ
オヤマボクチは丸っこい葉っぱだそうです

20180917 (69)

アキノキリンソウ

20180917 (82)

これもアキノキリンソウ????

20180917 (63)

キンミズヒキ

20180917 (66)

ツリガネニンジン

年月を重ねた大樹の林、谷川沿いには

20180917 (27)

淡いピンクのツリフネソウ
川沿いにたくさんの花がユラユラ

20180917 (35)

ヤマゼリ (?)

20180917 (34)

ここには白いゲンノショウコ

20180917 (11)

くるくるのリボンのような花、何でしょう?
この写真は津島シャロームさんからいただいたもの
私も撮影にチャレンジしたものの、あまりにも小さな花でピントが合わず断念
マクロ撮影でやっと花の形がわかります。

20180917 (3)

四国カルストの多彩な自然を満喫して
それぞれの荷物を軽くしたまきばガールズ、元気です♪





 ブログピープル園芸&写真に参加しています
↑ポチッと応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

癒しのナチュラルガーデン


晴れ渡った青空
台風一過の風に千切れ雲
一面に広がる女郎花の黄色

21558618_777944519051654_3371196276594954267_n.jpg 21751526_777944559051650_704850598294103593_n.jpg

秋を見つけました
ここは高知県幡多郡三原村の星ヶ丘公園です
18日の休日にちょこっとお出かけ

21761372_777944702384969_7332147343528042123_n.jpg

女郎花にはアゲハ蝶の群れが飛び交っています

21557642_777944669051639_6147519710567267123_n.jpg

自然の湿地のような池には睡蓮

21557487_777944949051611_112034286590279210_n.jpg

オオオニバスも

20179月18日星ヶ丘公園オオオニバス

オオオニバスの花を始めて見ました
オオオニバスは夜に咲く花
これは前夜に咲いた花でした
水面ではギンヤンマのカップルが産卵中

20179月18日星ヶ丘公園ヒメノボタン&ゲンノショウコ

のんびり歩く足元にはヒメノボタンやゲンノショウコ

21463306_777944872384952_11578936505772916_n.jpg

星ヶ丘公園、そこは何だかほっとする癒しのナチュラルガーデンでした





 ブログピープル園芸&写真に参加しています
↑ポチッと応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆




テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

高原の風・大川嶺連峰


 暑い暑い日が続いています
全く雨の降らない宇和島地方、毎夜の水やりは地植えの植物にも
なので1時間余りの水やりで夜は更け、ブログの更新がすっかり滞っております^^;
夜も熱帯夜続き・・・一週間前の高原の風が恋しい

7月24日 トキワバイカプロジェクトの自然観察会に参加しました
行先は大川嶺連峰、宇和島から国道320号から197号を経て梼原町へ
梼原町からは国道440号へ、3キロ余りもある長い地芳トンネルで四国カルストの下をくぐり
県道328号線へ、ここからはくねくねとカーブした狭い山道
麓は植林の林、登るにつれて落葉樹の自然林へ植生は変化してゆきます
そして突然視界が開き、緑の草原の広がる緩やかな起伏の山々が見えてきました

20170724 (29)

最初に迎えてくれたのはイブキトラノオの群生
様々な山野草が見られると案内してくださったのは、
プロジェクトのメンバーで植物や自然の専門家早見先生
先生の詳しい説明を受けながら、たくさんの花々に出会いました

20170724 (85)

タカネオトギリ(高嶺弟切)

20170724 (93)

アカモノ

ツツジ科の小低木、草むらの中に隠れるように小さな赤い実
赤い桃のような実からアカモモ→アカモノとなったそう
スズランのような白い花も可愛いらしいとか


20170724 (57)

シモツケソウ(下野草)


2017年7月24日大川嶺シコクフウロ

シコクフウロ(四国風露)

大好きなフウロソウ、笹の間から可愛い花をのぞかせています
花びらには個体差があり、3つに裂けたものや細いの、丸いのと様々
花びらの濃紅紫色の脈が鮮やかで美しいのですが、私の写真はイマイチ
津島シャロームさんの綺麗な写真をお借りします

20292734_10154797285643499_4130078435836841434_n.jpg


花は咲き始めたばかり、そこかしこに大きな株が見え
最盛期にはさぞかし綺麗だろうと想像しました

ホソバヤマハハコ 

ホソバノヤマハハコ(細葉の山母子)

銀葉と花かんざしのような白い花が素敵なヤマハハコ
葉が細いところからホソバノヤマハハコ(ホソバヤマハハコ)と呼ばれます
西日本に多く見られるそう、通常ならまだ咲かないらしいのですがフライングの一枝
なっちゃんが見つけました お手柄お手柄^^

20170724 (96)

ササユリ

20170724 (22)

とげだらけのアザミ、その名もずばりトゲアザミ
ノアザミの変種だそうです

2017年7月24日大川嶺小花

教えられなければ見落としてしまいそうな小さな小さな花も
右上から時計まわりに、ホソバシュロソウクルマバナヌスビトハギノギラン


ここ大川嶺連峰は久万高原町から内子町にかけて広がる台地状の山々
最高峰の笠取山(1562m)、大川嶺(1525m)、美川嶺(1520m)、ウバホド山(1482m)と
複数の山頂が連なります
四国カルスト同様に、山頂部の天然林を伐採し放牧場として開発されました
しかし現在は放牧は行われておらず、牧草と自然に帰ろうとする自生の植物が混在しています
私たちがたくさんの花々に出会ったのは最高峰の笠取山
駐車場で一休み中の一枚

20374522_484016038619459_2207904010724091681_n.jpg 

最高峰といってもほぼ頂上まで車で上がれます
この写真のバックに見える小高い丘が1562mの山頂
歩いたのはこれだけ、なんとも楽チンな散策でした

20258151_10154797293508499_8075716039146662803_n.jpg

駐車場から南側
四国カルストが見えるはずでしたが、残念ながら雲の中

笠取山の山頂からは雄大な景色を見ることができました

20170724 (52) 

北の方向、大川嶺を望みます
この日はあいにくの曇り空、晴れていれば遠くに石鎚連峰が見えるそうです
こんもりとしたブッシュはツルギミツバツツジ
5月の花の季節には山肌をピンクに染め、それはそれは美しい景色だとか

20245760_10154797293773499_4474232573723975394_n.jpg 

北西方向は小田深山

20170724 (42) 

東にはウバホド山
山腹に広がる森はブナの原生林
大川嶺連峰の魅力は花だけではありません
西日本一とも言われるブナの原生林やミズナラなどの広葉樹の林と
自然のままの樹木の魅力にあふれています
そんな樹のお話はいずれまた

2017年7月24日大川嶺ホオアカ

笠取山で美しいさえずりを聞かせてくれたホオアカ
「一気に一気に飲んだか~」と聞きなすのだとか
 ほんのり上機嫌で頬を赤らめているのかも(笑)

20170724 (46)


この日の下界は35℃の猛暑日
けれど1500m越えの高原の風のひんやりと心地よかったこと
爽やかな風、可憐な花々、雄大な景色
我が家から約2時間でこんな素晴らしい自然に出会えるなんて、もう最高です
まだ咲き始めだったシモツケソウやシコクフウロが満開のときにまた行けたらいいなo(*⌒―⌒*)o♪ 






 ブログピープル園芸&写真に参加しています
↑ポチッと応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

次のページ>>

| ホーム |

■ プロフィール

花待人

Author:花待人
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (370)
1月の庭 (28)
2月の庭 (29)
3月の庭 (28)
4月の庭 (41)
5月の庭 (56)
6月の庭 (43)
7月の庭 (29)
8月の庭 (26)
9月の庭 (33)
10月の庭 (25)
11月の庭 (17)
12月の庭 (15)
薔薇 (43)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (19)
宿根草 (59)
球根 (41)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (85)
神話の中の花物語 (3)
ケセラセラの日々 (77)
家族 (44)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (62)
お出かけ (64)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (14)
庭の生き物 (24)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (23)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード