花待人 ゆうるり庭日記


春☆第4章 花

またまた雨の朝になりました

ゴールデンウィーク前だというのに なんだか肌寒くて

ストーブを点けたり、消したり

明日からは天候も回復、例年並みの気温になるとか

待ちかねた花たちが一気に咲き出してくれるかも

2010.4.24 014

とっても変な気候の中でも ポツポツと咲いている健気な花たちを集めてみました♪

少し長くなりそうですが、よろしかったらお付き合いくださいね ♪


2010.4.21 018 


大きな図体に似合わない とっても可憐な花をつけるボリジ
  

2010.4.26 017  
 
シラー・ぺルビアナ
Scilla・peruviana

拡大写真で初めて見えた一つ一つの花 ブルーから紫へのグラデーション

ガラス細工のような透明感と繊細な形 ちょっと感動です..(**)
 
ジョンソンズ・ブルー 

ゲラニウム ‘ジョンソンズ・ブルー’
 

やっぱり 青いお花ばかり うふっ(*⌒∇⌒*)♪ 青は大好きな色なので..

他の色だってありますよ ♪ 

ジョンソンズ・ブルーの横のクリーム色の花は 

ベニジオアークトティス‘フェアリーウィング’


2010.4.21 051 
 

同じく ベニジオアークトティス‘フェアリーウィング’のワイン


2010.4.26 035 
 
風がとっても似合う アグロステンマ

左の鮮やかピンクは 除虫菊です


その他大勢、エキストラの小花たちも一挙にご紹介いたしましょう


小花2 

タマクルマバソウ ☆ セントランサス

エリゲロンとホスタ‘ワイド・ブリム’ ☆ シレネ‘ピンク・ピルエット’

シラー・カンパニュラータ ☆ アリウム・コワニー
 

バラの季節のさきがけ
 
2010.4.24 012 
 
 
ナニワイバラに純白の花が咲き始めました

今年のバラの季節は少し遅くなりそうですね


もうすぐゴールデンウィーク 天気予報ではお天気も良好 ♪

お出かけに、ガーデニングに、最高の休日になりそうです..が

義父の法事、孫たちの帰省となにかとあわただしくなりそうな私..

というわけで 1週間ほどブログはお休みいたします

皆様 楽しい休日をお過ごし下さい ♪

連休明けにはバラの開花をお伝えできるかも..

SEE YOU ~♪ (*⌒∇⌒*)♪



 
ランキングに参加しています ポチッとしていただけるとうれしいです♪



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

バラ庭にうれしいお客様 ♪


2010.4.21 039
 
 

無農薬のバラ庭に 今日はとってもうれしいお客様がいらっしゃいました ♪
 
 
2010.4.26 029 


一羽のヤマガラです

黒い頭とレンガ色のお腹が目立つ、可愛い野鳥


ヤマガラ 

バラの枝にとまって、せわしなくバタバタと動き回っています
 
すぐ近くにいる私たちには全くお構いなく 夢中でキョロキョロ
 
この後、一匹のアオムシをくわえて飛び立ちました
 
          ( ↑PS.発見!最後の写真 ヤマガラの頭の上にいます)

「やったぁ~!」と 観客の私 思わず拍手

害虫退治の思いがけない助っ人の登場に大興奮でした

「がんばれヤマガラくん、いっぱい虫を捕ってね ♪」



 
ランキングに参加しています ポチッとしていただけるとうれしいです♪




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

耕して天に至る


青い空 青い海 やっと春らしいお天気になりました ♪

海
 

ここは宇和島市遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の漁港です

海から吹く風は少し肌寒いけど 明るいお日様に気持ちまでほっこり


「だんだん茶屋の遊子丼 美味しいよ!」と

知人から教えられて 夫とお昼御飯にやってきました

なっちゃん夫妻も一緒です

2010.4.25遊子段々畑 010 

お食事の前に まずはこの場所のご紹介をいたしましょう

ここ水荷浦は最近注目のスポット


2010.4.25遊子段々畑 045
 

「耕して天に至る」と形容される、石垣の段々畑

2010.4.25遊子段々畑 051 
 
急傾斜の山がそのまま海に落ち込んだリアス式海岸の小さな漁村

かっての人々の手によって 急な山の斜面に 

一つ一つつみあげられた石垣が山頂まで続くその景色は壮観です


2010.4.25遊子段々畑 021 
すべて人力 気の遠くなるような労力と時間を費やして造りあげられた美しい造形も

時代の流れとともに忘れられ 崩壊の危機に瀕していました

先人の残したこの風景を残したいと 地元の人たちが立ち上がり

荒れた段畑を復興し保全活動を続けています

2010.4.25遊子段々畑 059


その努力の成果が認められ「国の重要文化的景観」に選定され

最近TVなどで紹介されたせいか、県外からのお客様も多くなってきました

実は私 27年宇和島に住みながら初めてやってたきた ミーハーな観光客です ^^;


段畑 

人工的な造形美の石垣と眼下に広がる青い海、ちょっと不思議な景色です

海から見ると、さらに見ごたえがあるそうです


観光案内はこのくらいで 次は美味しいものを ♪
2010.4.25遊子段々畑 004
これが 「遊子丼」

新鮮な鯵のお刺身に錦糸卵、ミョウガや青じその薬味がたっぷり

少し甘めのタレでいただきます


2010.4.25遊子段々畑 006 

「ミニ丼セット」

ミニサイズの遊子丼と鯛の蒲焼丼のセット

段畑で採れた新じゃがの小鉢も付いて 盛り沢山のセット¥750(安い!)


魚見の塔 

魚介類など海の恵に感謝する気持ちをこめて建てられた慰霊塔からの眺め


2010.4.25遊子段々畑 035 

塔の傍らで こんな可憐な花を見つけました

リナリアに似てますね なんという花でしょう?








テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

コデマリ???

また雨です この春は雨がよく降りますね

そのうえ気温の変動の大きいこと...農作物にも影響がでてますね 

4月に入って降った遅霜と低温の影響は庭にも..



コデマリ

何だかわかります?
 

先日もお客様から 「これは何の花?」と尋ねられました
 
実はこれ コデマリ なのです (・・;)

白い小さな花が まあるく 並んで咲くはずなのに..


2009コデマリ 

去年のようす
 

比べてみるとよく分かります、今年のコデマリはまるでユキヤナギのよう

蕾がつき始めた頃、霜が降り、氷まで張りました

そのため蕾が霜焼け(?)、茶色く枯れています

コデマリのほかにも、アジサイの新芽が黒くなっています

花芽はまだ見えませんが大丈夫でしょうか?

キモッコウバラの蕾もほとんど落ちてしまいました

一番残念なのはサクランボです

花後に小さな緑色の実がた~くさん付いていたのに、すべて落下..p(・・,*) グスン

孫たちもがっかりするでしょうね


不安定な天気の中でも、庭の緑は勢いを増してきました


4月20日の庭 

元気者のルメックス(ソレル)と斑入り柳の新芽が対照的

野原みたいでしょ ♪   モコモコ緑のトレリス花壇

クレマチス‘ユーリ’の蕾も大きくなって、楽しみ~♪



こんな野原みたいな庭の一角 
    
 2010.4.21 005


リシマキアの黄緑色の中に 大きく葉を広げ、花茎を立ち上げているのは


2010.4.21 007 


ハルジオン! 正真正銘の野草です
 

「ルドベキア」だとお隣のばあちゃんからいただきましたが...(・・;)
 
でも、いいのです 私の庭には 似合っていますもの ♪
 
濃いピンクの蕾と細い糸のような花びらがかわい~い ♪





 
ランキングに参加しています ポチッとしていただけるとうれしいです♪






テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ガラスの花

 雨上がりの朝 雨に濡れた植物が朝陽にキラキラ光っています
 


2010.4.20 002
 

「ガラスの花」 生協のカタログに書かれていた花の名はそれだけ

一体これはな~に??? 興味をひかれて購入した球根 

それは オーニソガラムでした
 
 
2010.4.20 003 
 

開いた花 半透明のすりガラスのようです
 

2010.4.21 045 

オーニソガラム・ヌタンス

Ornithogalum nutans

ユリ科オーニソガラム属

原産地:南西アジアからヨーロッパ
 

オーニソガラムにはたくさんの種類があり

耐寒性が強く育てやすいヨーロッパ原産の種類と

非耐寒性のアフリカ原産の種類に大きく分けられます
 

2010.4.20 004 

我が家にずいぶん長く住み続けている

オーニソガラム・ウンベルタム

Ornithogalum umbellatum


こちらもヨーロッパ原産の耐寒性種

とにかく丈夫 一度植えたら、どんどん増える多産系

分球した小さな球根がたくさんできます

小さな球根が掘り起こされた土に混じって庭のあちこちに移動

日陰であろうとも めげることなく花を咲かせます

別名「ベツレヘムの星」Star of Bethlehem

イエス・キリスト誕生の折 光輝き 救世主の降誕を知らせた星が

草原に降り注ぎ 花となったのだとか


2010.4.21 037 
  

ここは原種系チューリップ‘レディ・ジェーン’やバイモ、黄花カタクリが咲いていた所

今はオルラヤとオーニソガラム・ウンベルタムで、野原のようなホワイトガーデンに
 

「ガラスの花」「ベツレヘムの星」と 素敵な別名を持つオーニソガラム

花期が短いのが残念ですが、盛春から初夏へ咲き継ぎ 季節を知らせてくれる花です



 
ランキングに参加しています ぽちっとしていただけるとうれしいです♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

芝桜とオカリナ

昨日の日曜日のこと

朝 目が覚めて、一番に気になったこと それはお天気

真っ青な空、明るい朝陽  やったぁ~!予報どおり晴れ ♪

お出かけ日和です


芝桜祭り2 


宇和島市津島町御槙にある山本牧場で 「芝桜祭り」というイベントがありました

山間の牧場の一角に大きな榎の木が立つ 風情ある岩場があります

その周辺にご家族で芝桜を植え始めて4年

年々広がって見事な花の絨毯ができています


「芝桜のなかでオカリナの演奏会をするんよ ♪」

エゴの木を欲しがっていた私に、牧場に生えた幼木をわざわざ届けてくださった奥様が

嬉しそうに教えてくれたのは一ヶ月以上前のことでした

2010.4.18 052


牧場に素朴なオカリナの音色 ピッタリです ♪

澄んだその音色は風にのって 山々に響きます

日々時間に追われ、余裕のない心まで洗われる音色でした

大自然に抱かれて 時間も忘れ、のんびり過ごさせていただきました


お天気も最高、寒いかもと持っていった上着の出番もなく

陽射しが少し暑いくらい

2010.4.18 012 帽子持ってくれば良かった..となっちゃん


2010.4.18 036 

 
孫たちを連れて、時々お邪魔している牧場です
 
牛はもちろん 羊や放し飼いの鶏もいて、子どもたちの大好きな場所
 
岩場を登ったり、牧草の上をおもいっきり走ったり 

この日もたくさんの子どもたちが 元気に走り回っていました

転んだって泣きませんよ だって楽しいんだもんね



2010.4.18 024 

芝桜をもっと広げたいと山本さん一家の夢は膨らんでいるようです
 

山本さん一家が個人で企画されたこのイベント

素敵なお仲間たちが 協力してさらに楽しいものになっていました

石釜で焼かれた美味しいパン、昔ながらに作られたお豆腐

牧場の卵を使ったミルクシェーキ、ミルクティー、コーヒー

羊毛フェルトのストラップ手作り体験、紙芝居..etc.


みなさん 楽しい時間をありがとうございました ♪

そしてお疲れ様でした!

お土産もしっかりGETして 大満足の1日でしたよ~(*⌒∇⌒*)♪


2010.4.18 007 
 

この楽しいイベントの主催者 山本さんちのブログ「おらん家」に 

イベントの盛況の様子などUPされています

なっちゃんのブログ「なっちゃんの庭」にもね

どちらの写真にもしっかり私が写っていますよ  ウフッ ♪










テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

バラの新緑♪ よ~く見ると..

かっては視力1.5を誇り、目がいいのだけが取柄の私でしたのに

40を過ぎたあたりから(早い?)、新聞の文字がだぶって見え始め..

今や老眼鏡なしでは 食品の賞味期限も確認できないありさま

それでも 

「見えないほうがいいこともあるよ!鏡を見てもシミもシワも見えない!」

と負け惜しみ..友人に苦笑されております

しかし!しかし やっぱり見えるほうがいい!

 

バラ 

 

4月も半ばというのに 冬と春のせめぎ合いが続き、暖かくなったり寒くなったり

落ち着かない天候の中でも バラたちは葉を広げ、蕾も上がってきました

瑞々しい緑や赤い新芽に期待は膨らみます

「いい感じじゃない ♪」と 漫然と眺めていた私の目に見えていないものが..

密かに..かつ大胆に 活動を始めていたのです

老眼鏡をかけて見ると まるで別世界!

虫が居ることといったら、まさに虫、虫パラダイスです!
  

2010.4.113 021 

すでに餌食にした新芽の上で勝ち誇っているのは

バラゾウムシ !!
 

こやつらが活動を開始していることには 気が付いていました

新芽の先の茶色いカサカサは目に付きますから

さすがにまずいかしらと 老眼鏡をかけてバラゾウムシ・テデトール作戦を開始!
 

2010.4.113 028 

これから卵を産むつもり?の2匹!
 

2010.4.11 062 
 
あららっ こちらも!

チョウレンジバチのカップルです 


春ですね~♪ なんて呑気なことを言っている場合ではありません
 
私のバラに卵を生もうなんて 100年早い!

この運の悪いバラゾウムシもチョウレンジバチも、仲良く昇天していただきました


老眼鏡越しに見ると、衝撃の連続 

2010.4.113 019 

サマースノーの新芽が無残な姿に..触ってみると茎がスカスカになっています

黒くなったところを切ってみると

2010.4.113 016 

こんな小さい幼虫が入っています
 

おそらく バラの周りによくいる黒っぽい蜂の幼虫だと思います

サマースノーやジェネラスガーデナーなど かなりの新芽が被害に会っていました p(・・,*)


次には 隠れ身の術の達人を発見!
 

2010.4.113 008

新芽に化けた エダシャク
 


この見事な化けっぷりには しばし見入ってしまいました

ほんのり赤い柔らかそうなバラの棘まで 本物そっくり...
 

2010.4.113 009 

エダシャクは蛾の幼虫です 食べる植物によって種類も姿も違います 

長い進化のなかで、身を守るために編み出された技なのですね


2010.4.113 015 

こちらのエダシャクは居場所を間違えたのかしら..

ちょっと目立ってしまいました
 

4年ほど前から、化学農薬を使わないオーガニックな庭を目指して奮闘中

バラにも 時々自然農薬は使いますが、化学農薬は使わずに育てています

ですから庭にはたくさんの虫が居ます

上の虫たちは バラにとってはありがたくない虫ですが

この虫を食べる生き物たちもやってきます
 

2010.4.113 027 

小さな蜂か羽虫をたべているハエトリグモ

バラゾウムシも食べてくれるかな?
 

2010.4.17 016 

ヒラタアブのさなぎ

幼虫はアブラムシを食べます
 

今はまだ、強力な害虫ハンター アシナガバチやカマキリは現れていないので

害虫たちのほうが圧倒的に多いようです

しばらくは 鼻眼鏡で ひたすらテデトールの日々が続きます

バラゾウムシ退治に、そろそろアセビと土筆で作った自然農薬を撒こうかな..
 

若かりし頃は、「きゃーっ!虫!気持ち悪い~!」とそれなりに可愛かった(?)私ですが

今やイモムシと毛虫以外は素手で捕る りっぱなオバサンになりました

でも 虫の世界もよ~くみると面白いものですよ ♪



 
ランキングに参加しています ぽちっとしていただけるとうれしいです♪



 

 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ジューンベリーの寄せ植え

ジューンベリの花が咲きました

細い花びらの白い花


ジューンベリー 

ジューンベリー(アメリカザイフリボク)

英名 :Juneberry

バラ科 ザイフリボク属

原産地:北アメリカ

落葉高木


去年 実の付いた枝をいただいたので、挿し木をしましたが 残念ながら失敗 
                         (去年の記事)

昨秋に苗を購入 大きめの鉢に植えました

まだ小さな木ですから 咲いた花はほんの少し 素朴な可愛い花ですね ♪

花が咲いて~♪ 実になって~♪ って 実 なるかしら?

6月に採れる甘いベリーだから ジューンベリーなのだそうです

2010.4.11 023

葉のない木だけでは寂しかったので、葉色のきれいな植物で寄せ植えにしてみました


2010.4.11 045
 

シルバーリーフのコニファーのように見えるのはサントリナ

銅葉のキンギョソウ ‘フェアリーチョコレート’ 

明るいグリーンのモコモコはセダムです

お花は薄紫のビオラ‘コテージ・ライトブルー’とパンジー‘ブラック・プリンス’
 

2010.4.11 026 

キンギョソウにも蕾がつきました ピンクの花が咲くはずです


ジューンベリーの葉っぱも出始めています

もうすぐ緑の葉っぱに包まれて、真っ赤な可愛い実も見られるかも ♪

秋には紅葉も楽しめるそうです 楽しみな木がまた増えました



 
ランキングに参加しました 「ポチッ」っとしてもらえるとうれしいです ♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

春☆第3章 スプリング・シンフォニー

‘スプリング・シンフォニー’ 春の交響曲

こんな素敵な名前をつけてもらった花

 

ティアレア 

ティアレア ‘スプリング・シンフォニー’

Tiarella Spring symphony

ユキノシタ科 ティアレア属

原産地 : 北アメリカ東部
 

2010.4.13 011 
 

西のシェードガーデンでひっそりと咲いています

草丈20cmくらい、ふんわりした花穂 蕾は薄ピンク色、開くとほとんど白に

切れ込みの深い葉には 星形の赤黒い斑が入り、花がなくてもきれいです

うちのティアレアの斑はかなり薄いようです


お仲間のユキノシタ 裏の川の岩場に自生しています
 

ユキノシタ 
 

葉っぱの雰囲気は似ていますが さすが自生種 ワイルドで逞しい!
 


2010.4.13 021 
 
 

ティアレアの足元にはオーニソガラムの間延びした葉っぱやタツナミソウがせめぎ合い

ちょっと窮屈そうですね 増えすぎるオーニソガラムにはすこし退場してもらいましょうね
 


2010.4.13 020 
 

細い花びらの小さな花が集まって ふんわりの花穂に

ユリのような良い香りがするらしいので 地面にはりついて匂いをクンクン

ん~っ?? 感度のよくない私の鼻では感知不能でした 
 

ヒューケラ 
 

ユキノシタ科の近縁種 ヒューケラ (ヒューケラ属)

様々な葉色の品種が出てきて、カラーリーフとして大活躍してますね

このヒューケラとティアレアを交配して生み出された ヒューケレラという品種があります

まだ実物にお目にかかったことがありません

どこかで会えるといいなぁ (*⌒∇⌒*)


今日は4月半ばとは思えない寒い雨が降ってます

でも今週末はお天気も回復し暖かくなるそう

マイガーデンにも春の交響曲が高らかに響きわたるワクワクの季節の到来です ♪

序章が終わり、そろそろ第2楽章くらいかしら? 盛り上がってきましたよ !




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ラミウム・ガレオブドロン

2010.4.11 013 

 

黄色いエイリアン来襲?

 

2010.4.11 013 

 

それとも 獲物を狙う怪獣?

 

2010.4.11 014 

ラミウム・ガレオブドロン ‘バリエガツム’

Lamium  galeobodolon

シソ科 ラミウム属(和:オドリコソウ属)

 

ヨーロッパからアジア西部原産、草丈30cm以上になる大型のラミウム

性質は強健過ぎるくらい強健、ランナーで広がり、

周りの植物をのみ込むその旺盛さは まさに怪獣並

日陰の土を早く覆ってしまいたいときには、たいへん役にたちますが

まちがっても大切なか弱い花たちの横には 決して植えてはいけません

 

2010.4.11 015 

 

またたく間に、占拠されてしまいます

 

2010.4.11 010 

 

だけど 私は大好きなんです ♪

子どものころ住んでいた古い家の周りに春になると咲いていたオドリコソウ

オドリコソウの花の色は薄ピンク とっても好きな野草でした

花の色は違うけれど、良く似た花姿が思い出を呼び覚ましてくれるから..

 

         オドリコソウはこちら津島シャロームさんのところでどうぞ♪

 

 
ランキングに参加しました 「ポチッ」っとしてもらえるとうれしいです ♪

 

 

 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ライラック・ワンダーと..♪

日曜日だというのに うらめしい雨

雨が止んだ隙をみては バラたちを見回り

このところの気温急上昇のせいか 虫たちもいろいろ出現しています

とくにバラゾウムシの被害が目立ちます なんとかしなくては..p(・・,*)

でもまた雨が降り出して どうしようもなく諦めモードです

 

気温が高くなって花たちはますます元気になってきました

バラゾウムシのことはしばし忘れて、昨日の写真から..

 

2010.4.11 054 

 

原種チューリップ ‘ライラック・ワンダー’

 

2010.4.11 053 

 

リシマキアやキャットミントの間から顔をのぞかせて

 

2010.4.11 049 

 

無邪気で可愛い 小さなチューリップ

 

2010.4.11 052 

 

たくさん咲いたらきっと可愛いでしょうね ♪

来年はもっとい~っぱい植えようと思ってます

 

さてこちら新しいバラ花壇では

 

2010.4.11 005 

 

真っ白なバラ ♪ ..ではなくて

 

2010.4.11 002 

 

ラナンキュラスです

 

2010.4.11 004 

 

花びらの重なりがとってもきれい(*⌒∇⌒*)♪

 

2010.4.11 008  

 

バラもこんなにきれいに咲いてくれるかしら..?

ああっ~また思い出してしまいました 憎っきバラゾウムシのこと

う~ん どうしてくれよう!!

 

 
ランキングに参加しました 「ポチッ」っとしてもらえるとうれしいです ♪

 

 

 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ヴィヨロン・ダングル

なにかと慌ただしい日常

たまにはのんびり美味しいものを頂きたいもの

そんな時に出かける美味しいお店 フランス料理の「ヴィヨロン・ダングル」

 

2010.4.8 014 

 

小さなドア、落ち着いた佇まいのエントランス

アイボリーの壁に木の影が映っていい感じ

あらっ ドアのガラスにシャロームさんが..

 

ヴィヨロン ダングル 

 

この日は 義父の葬儀の折にすっかりお世話になった友人たちをご招待してのランチです

美味しいお料理とおしゃべりに夢中で、メニューを控えてくるのを忘れてしまいましたが

タラの芽やワラビなど 旬の山菜も使われていました

真っ白いテーブルクロスと白いお皿、彩りも美しいお料理 

気のおけない友人たちとの他愛のない会話 しばし日常を離れた素敵な時間でした

 

2010.4.8 007 

 

メインの肉料理 牛タンの..^^;

 

2010.4.8 009 

 

デザートです

イチゴとパイナップルのシャーベット、バナナのタルト ..?

写真を撮り忘れ、イチゴのシャーベットにスプーンの跡が (・・;)

 

ヴィヨロン ダングル2 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

キャットミント&キャット

空は青、少し冷たい風の中 

暖かそうな朝の陽射しに誘われて庭へでます

 

2010.4.6 029

 

トレリス花壇  花はまだ少ないけれど

リシマキア・ヌンムラリア・オーレアの明るい黄緑色

パイナップル・ミントの斑入りの葉 

奥にモワッと見えるのはヤロウの葉、うしろにツンツンと伸びるのはシラー

真ん中にはアジュガ・チョコレートチップの銅色がかった葉っぱと立ち上がる青い花

手前の赤い葉は何でしたっけ?

ワイルドベリーの葉は深い葉脈とくっきりした切れ込みで 美しい造形美を見せます

 この花壇の主役 バラの蕾も色づいてきましたよ ♪

 

2010.4.6 019 

オールド・ブラッシュ・チャイナ

 

事務所のデッキにも暖かい陽射しがさしています

 

2010.4.6 041 

 

おやおや キャットミントの花の下におバカなキャット発見 ^^:

 

catmint.jpg 

 

ゆうが春の陽だまりでゴロゴロ、気持ちよくって眠くなっちゃうね?

 

2010.4.6 043 

デッキの鉢では 早咲きのクレマチス(アトラゲネ系 品種名?)が開き始めています

 

少し風が冷たい春の朝の一コマでした (*⌒∇⌒*)♪

 

 
ランキングに参加しました 「ポチッ」っとしてもらえるとうれしいです ♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

春なのに、地味すぎでしょうか?

今年の桜は気温が低かったせいか ずいぶん長持ちでしたが

そろそろ満開をすぎて あちらこちらで春風に花びらが舞っています

前の2回ギリシャ神話に出てくる花のご紹介 なんだか長い記事が続きましたので

今日は軽~く マイ・ガーデンの今のようすなど..

 

2010.4.4 065 

 

事務所の入口あたり、ストック、ビオラ、忘れな草

奥にはクリーム色のチューリップ‘ピューリッシマ’が咲いています

すらりとした美人のピューリッシマの足元には

 

2010.4.6 027 

 

ペルシャンパール 

ミニチューリップ ‘ペルシャンパール’

 

草丈20cmたらずの原種系チューリップです 極早咲き

ラベルのコピーは 「大人っぽく可愛い」ですって♪ 

赤紫の花びらと黄色の花芯のコントラストがポイントでしょうか

 

2010.4.4 048 

たびたび登場 球根花壇

 

2010.4.4 015 

イングリッシュ・デージーとネモフィラ・ブラック

 

2010.4.4 025 

利休梅の清楚な白い花

 

ブルー&ホワイト  

忘れな草とアークトティス・グランディス

西洋オダマキ、タマクルマバソウ

 

次々と花開き、にぎやかになって..きたはずですが

なんか地味~ぃですね (・・;)???

そう 白とブルー系の花ばかり

好きな花色ばかりを集めたら こうなりました

シックなブルー&ホワイトガーデンといえば聞こえはいいですが

春なのに地味すぎでしょうか?

 

 

 
ランキングに参加しました 「ポチッ」っとしてもらえるとうれしいです ♪

 

 

 

 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

風の花 アネモネ

前回のナルキッソスに続いて

 ギリシャ神話に登場する もう1人の美少年のお話です

ギリシャ神話の神々は欲望の趣くまま、妬み、恋し、嘆き、怒る 

人間以上に人間らしい自由奔放な神様たちです

こんな神様に振り回される人間たち 

生死さえも神々のご機嫌しだいとはなんとも..(・・;)です

 

2010.3.10 001 

彼の名はアドニス、彼の母はミュラー、大変美しい王女でした

その美しさを誰かが「アフロディテよりも美しい」と称えたために

怒った愛と美の女神アフロディテの呪いにより 自分の父を愛してしまいます

顔を隠し父と一夜を共にしたのですが、父王に娘であることがばれてしまいます

父は娘を殺そうとします 

逃げ出したミュラーは神々によって木に姿を変えられました

この木の樹脂をミルラ(没薬)といい 古くから香として使われていたそうです

ミルラ香とはイングリッシュローズの香りの表現でよくきく言葉ですね

 

ミュラーの木の幹から生まれたのが アドニスです

たぶん少しは責任を感じたのだろうアフロディテは

冥界の神ハデスの妻ペルセポネに彼の養育を依頼しました 

ギリシャ一といわれるほど美しく成長したアドニス

彼を自分の手元に置きたいこの2人の女神の間に争いが起こります

そこでゼウスは1年の3分の1づつを アフロディテとペルセポネのもとで

残りの3分の1は アドニスの自由に過ごさせることにしました

 

ところが約束通りにアドニスを返さなかったアフロディテに怒ったペルセポネ

アフロディテの愛人(愛神?)軍神アレスに、このことを告げ口するのです

嫉妬に狂ったアレスは猪になって 狩をしていたアドニスを襲い、殺してしまったのです

このとき アドニスの流した血から生まれたのがアネモネです

 

アネモネ  

 

 おそらく こんな真っ赤なアネモネ

アドニスの死を嘆き悲しんだアフロディテの涙によって白薔薇が、真っ赤に染まり

赤薔薇になったとも..

 

でも よーく考えてみれば、アフロディテがミュラーの美しさに怒り、呪いをかけなければ

アドニスは生まれていないわけで..

アフロディテの悲しみは因果応報 自分のまいた種 と思えなくもないですね

アフロディテはこのとき炎と鍛冶の神ヘパイストスの妻でもあり アレスの愛人

アドニスはなんともハチャメチャな女神に翻弄された哀れな犠牲者と言えそうです

アフロディテのためにひとつ弁解するならば彼女がアドニスを愛してしまったのは

息子エロスの愛の矢で誤って胸を傷つけてしまったためだとか..複雑すぎです^^;

 

2010.3.10 004 

アネモネ・フルゲンス

Anemone fulgens

キンポウゲ科アネモネ属

 

属名Anemoneは ギリシャ語で「風」を意味するanemosを由来とし 

英名を wind flower  「風の花」といいます

風に吹かれて花開き、風によって散ってしまうことからという説と

アネモネの種が長い毛をもち、風によって運ばれることからという説があるそうです

花びらに見えるのは実は萼片が花びらのようになったのだとか

アドニスの流した血から生まれたはずの花なのに名前は「風の花」

Adonisはフクジュソウ属をさします   ?????混乱しそうですね

 

アネモネ・フルゲンスは原種のひとつ

草丈も花も小さめで、花色は淡いピンク系のパステルカラー 色幅があります

次々と花を咲かせる可憐なアネモネ

こんな素朴な一重の花に心ひかれます

 

2010.3.25 004 

 

昨秋、球根をバーミュキュライトで芽だしをし、ポットに植えつけたのですが

その後の管理が悪かったのか、全部腐らせてしまいました (・・;)

このピンクのアネモネ・フルゲンスは去年の春に購入したポット苗です

今年の秋には もう一度チャレンジするつもり!

だって可愛いんですもの ♪

 

2010.4.4 067 

 

開ききるとこんな感じ、斑入りのエニシダと春らしいコンビ

でも 開きかけのほうが風情があって好き かも ♪

 

 

ランキングに参加しました 「ポチッ」っと応援よろしくね ♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ナルキッソスの化身

今日から4月 新しいスタートのときですね

 今 庭の中で一番華やかな場所は球根花壇

 

2010.3.30 020 

 

以前ご紹介した原種系チューリップ‘レディ・ジェーン’やイフェイオン、

ムスカリ・アルメニアカム 忘れな草、カレックス、ラムズイヤー と

白やブルーのかなりシックな色合いの花壇に

華やかさを添えてくれているのが本日の主役

美少年ナルキッソスの化身 水仙2種です

 

水仙2 

 

ギリシャ神話の中のお話です

エコーという名のおしゃべりなニンフがいました 

エコーは大神ゼウスの浮気の手助けをしたことで

嫉妬深いゼウスの妻ヘラの怒りをかい、自分の言葉を失ってしまいました

相手の言った最後の言葉を繰り返すことしかできなくなったのです

 

そんなエコーが恋をした相手が、美少年ナルキッソスでした 

ナルキッソスは美しいけれど高慢で自惚れや

多くのニンフにも美の女神アフロディーテにさえつれない態度

なかには彼に恋焦がれて果たせない思いから自殺した男性もいたとか..^^;

エコーはナルキッソスに近づきますが、自分の言葉を繰り返すだけのエコーに苛立ち

ナルキッソスはエコーを追い払ってしまったのです

悲しみのあまり、エコーは声だけを残して消えてしまいました

この残されたエコーの声が木霊(山彦)なのです

 

こんなナルキッソスに とうとう神々の罰が下されます

その罰とは「自分自身しか愛せなくなる」というもの..

ある日 のどの渇きを潤そうと 泉をのぞきこんだナルキッソス

水面に映る美しい人に 一目で恋をしてしまいました

もちろんその美しい人はナルキッソス自身の姿です

ふれようと腕を伸ばし水にふれると その姿は消えてしまいます

「美しい人 君は誰?」すると 「..君は誰?」エコーが答えます

自分自身に恋焦がれて、ナルキッソスは泉を離れることができません

やせ細り日々弱っていくナルキッソス 

水面に映る愛しい人が自分だということにやがて気付くのですが

すでに正常な感覚を失った彼は その場を離れることが出来ず

やがて息絶えるのです 最後に自分自身に「さようなら」と告げて

エコーが哀しく答えます「さようなら」と..

 

こうして息絶えたナルキッソスは一輪の水仙の花になり

水面に映る自身の姿を見つめ続けているのです

 

2010.3.30 019 

スイセン ‘ピンクチャーム’

Narcissus・Pink charm

スイセン属ヒガンバナ科

花言葉:自惚れ

 

スイセンの原種は主に地中海沿岸を原産地とする約30種が知られており

大変多くの品種が生み出され 多種多様なその品種数は数千にのぼるそうです

ナルキッソスがどんな花になったのかは不明ですが

この‘ピンク・チャーム’の白い花弁とフリフリのラッパの端正な美しさに

美少年の面影を垣間見たような気がします

 

2010.3.30 012

スイセン‘タリア’

Narcissus・Thalia

 

 私の一番好きなスイセン ♪

小ぶりな純白の花が下向きに咲きます 1本の茎に2~6個花を付け

細い花弁が反り返った姿は優雅です

この可憐なスイセンも「私が一番きれい!」と自惚れているのかしらね ?

 

 

 

ランキングに参加しました 「ポチッ」っと応援よろしくね ♪

 

 

 

 

 

 

 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

| ホーム |

■ プロフィール

hanamatibito

Author:hanamatibito
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (328)
1月の庭 (24)
2月の庭 (24)
3月の庭 (24)
4月の庭 (37)
5月の庭 (51)
6月の庭 (39)
7月の庭 (28)
8月の庭 (23)
9月の庭 (26)
10月の庭 (20)
11月の庭 (17)
12月の庭 (15)
薔薇 (42)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (18)
宿根草 (56)
球根 (39)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (83)
神話の中の花物語 (2)
ケセラセラの日々 (67)
家族 (41)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (54)
お出かけ (60)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (13)
庭の生き物 (22)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (19)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2010年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ BlogPeople

■ バラ大好き

■ 花*自然*写真

■ ガーデニング

■ 宿根草

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード


まとめ