FC2ブログ

花待人 ゆうるり庭日記

archive: 2010年04月  1/1

春☆第4章 花

またまた雨の朝になりました ゴールデンウィーク前だというのに なんだか肌寒くて ストーブを点けたり、消したり 明日からは天候も回復、例年並みの気温になるとか 待ちかねた花たちが一気に咲き出してくれるかも とっても変な気候の中でも ポツポツと咲いている健気な花たちを集めてみました♪ 少し長くなりそうですが、よろしかったらお付き合いくださいね ♪  大きな図体に似合わない とっても可憐な花をつけるボリジ ...

  •  4
  •  0

バラ庭にうれしいお客様 ♪

    無農薬のバラ庭に 今日はとってもうれしいお客様がいらっしゃいました ♪       一羽のヤマガラです 黒い頭とレンガ色のお腹が目立つ、可愛い野鳥   バラの枝にとまって、せわしなくバタバタと動き回っています  すぐ近くにいる私たちには全くお構いなく 夢中でキョロキョロ  この後、一匹のアオムシをくわえて飛び立ちました           ( ↑PS.発見!最後の写真 ヤマガラの頭の上にい...

  •  4
  •  0

耕して天に至る

青い空 青い海 やっと春らしいお天気になりました ♪   ここは宇和島市遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の漁港です 海から吹く風は少し肌寒いけど 明るいお日様に気持ちまでほっこり 「だんだん茶屋の遊子丼 美味しいよ!」と 知人から教えられて 夫とお昼御飯にやってきました なっちゃん夫妻も一緒です   お食事の前に まずはこの場所のご紹介をいたしましょう ここ水荷浦は最近注目のスポット   「耕して天に至...

  •  0
  •  0

コデマリ???

また雨です この春は雨がよく降りますね そのうえ気温の変動の大きいこと...農作物にも影響がでてますね  4月に入って降った遅霜と低温の影響は庭にも.. 何だかわかります?   先日もお客様から 「これは何の花?」と尋ねられました  実はこれ コデマリ なのです (・・;) 白い小さな花が まあるく 並んで咲くはずなのに..   去年のようす   比べてみるとよく分かります、今年のコデマリはまるでユキ...

  •  6
  •  0

ガラスの花

 雨上がりの朝 雨に濡れた植物が朝陽にキラキラ光っています     「ガラスの花」 生協のカタログに書かれていた花の名はそれだけ一体これはな~に??? 興味をひかれて購入した球根  それは オーニソガラムでした         開いた花 半透明のすりガラスのようです     オーニソガラム・ヌタンス Ornithogalum nutans ユリ科オーニソガラム属 原産地:南西アジアからヨーロッパ   オーニソガラムにはたく...

  •  6
  •  0

芝桜とオカリナ

昨日の日曜日のこと 朝 目が覚めて、一番に気になったこと それはお天気 真っ青な空、明るい朝陽  やったぁ~!予報どおり晴れ ♪ お出かけ日和です  宇和島市津島町御槙にある山本牧場で 「芝桜祭り」というイベントがありました 山間の牧場の一角に大きな榎の木が立つ 風情ある岩場があります その周辺にご家族で芝桜を植え始めて4年年々広がって見事な花の絨毯ができています 「芝桜のなかでオカリナの演奏会をする...

  •  8
  •  0

バラの新緑♪ よ~く見ると..

かっては視力1.5を誇り、目がいいのだけが取柄の私でしたのに40を過ぎたあたりから(早い?)、新聞の文字がだぶって見え始め..今や老眼鏡なしでは 食品の賞味期限も確認できないありさまそれでも 「見えないほうがいいこともあるよ!鏡を見てもシミもシワも見えない!」と負け惜しみ..友人に苦笑されておりますしかし!しかし やっぱり見えるほうがいい!   4月も半ばというのに 冬と春のせめぎ合いが続き、暖...

  •  4
  •  0

ジューンベリーの寄せ植え

ジューンベリの花が咲きました 細い花びらの白い花   ジューンベリー(アメリカザイフリボク) 英名 :Juneberry バラ科 ザイフリボク属 原産地:北アメリカ 落葉高木去年 実の付いた枝をいただいたので、挿し木をしましたが 残念ながら失敗                          (去年の記事) 昨秋に苗を購入 大きめの鉢に植えました まだ小さな木ですから 咲いた花はほんの少し 素朴な可愛い花です...

  •  0
  •  0

春☆第3章 スプリング・シンフォニー

‘スプリング・シンフォニー’ 春の交響曲こんな素敵な名前をつけてもらった花   ティアレア ‘スプリング・シンフォニー’ Tiarella Spring symphony ユキノシタ科 ティアレア属 原産地 : 北アメリカ東部      西のシェードガーデンでひっそりと咲いています 草丈20cmくらい、ふんわりした花穂 蕾は薄ピンク色、開くとほとんど白に 切れ込みの深い葉には 星形の赤黒い斑が入り、花がなくてもきれいです う...

  •  4
  •  0

ラミウム・ガレオブドロン

  黄色いエイリアン来襲?   それとも 獲物を狙う怪獣?  ラミウム・ガレオブドロン ‘バリエガツム’Lamium  galeobodolonシソ科 ラミウム属(和:オドリコソウ属) ヨーロッパからアジア西部原産、草丈30cm以上になる大型のラミウム性質は強健過ぎるくらい強健、ランナーで広がり、周りの植物をのみ込むその旺盛さは まさに怪獣並日陰の土を早く覆ってしまいたいときには、たいへん役にたち...

  •  4
  •  0

ライラック・ワンダーと..♪

日曜日だというのに うらめしい雨雨が止んだ隙をみては バラたちを見回りこのところの気温急上昇のせいか 虫たちもいろいろ出現していますとくにバラゾウムシの被害が目立ちます なんとかしなくては..p(・・,*) でもまた雨が降り出して どうしようもなく諦めモードです 気温が高くなって花たちはますます元気になってきましたバラゾウムシのことはしばし忘れて、昨日の写真から..   原種チューリップ ‘ラ...

  •  4
  •  0

ヴィヨロン・ダングル

なにかと慌ただしい日常たまにはのんびり美味しいものを頂きたいものそんな時に出かける美味しいお店 フランス料理の「ヴィヨロン・ダングル」   小さなドア、落ち着いた佇まいのエントランスアイボリーの壁に木の影が映っていい感じあらっ ドアのガラスにシャロームさんが..   この日は 義父の葬儀の折にすっかりお世話になった友人たちをご招待してのランチです美味しいお料理とおしゃべりに夢中で、...

  •  0
  •  0

キャットミント&キャット

空は青、少し冷たい風の中 暖かそうな朝の陽射しに誘われて庭へでます  トレリス花壇  花はまだ少ないけれどリシマキア・ヌンムラリア・オーレアの明るい黄緑色パイナップル・ミントの斑入りの葉 奥にモワッと見えるのはヤロウの葉、うしろにツンツンと伸びるのはシラー真ん中にはアジュガ・チョコレートチップの銅色がかった葉っぱと立ち上がる青い花手前の赤い葉は何でしたっけ?ワイルドベリーの葉は深い葉脈とく...

  •  8
  •  0

春なのに、地味すぎでしょうか?

今年の桜は気温が低かったせいか ずいぶん長持ちでしたがそろそろ満開をすぎて あちらこちらで春風に花びらが舞っています前の2回ギリシャ神話に出てくる花のご紹介 なんだか長い記事が続きましたので今日は軽~く マイ・ガーデンの今のようすなど..   事務所の入口あたり、ストック、ビオラ、忘れな草奥にはクリーム色のチューリップ‘ピューリッシマ’が咲いていますすらりとした美人のピューリッシ...

  •  2
  •  0

風の花 アネモネ

前回のナルキッソスに続いて ギリシャ神話に登場する もう1人の美少年のお話ですギリシャ神話の神々は欲望の趣くまま、妬み、恋し、嘆き、怒る 人間以上に人間らしい自由奔放な神様たちですこんな神様に振り回される人間たち 生死さえも神々のご機嫌しだいとはなんとも..(・・;)です  彼の名はアドニス、彼の母はミュラー、大変美しい王女でしたその美しさを誰かが「アフロディテよりも美しい」と称えたため...

  •  8
  •  0

ナルキッソスの化身

今日から4月 新しいスタートのときですね 今 庭の中で一番華やかな場所は球根花壇   以前ご紹介した原種系チューリップ‘レディ・ジェーン’やイフェイオン、ムスカリ・アルメニアカム 忘れな草、カレックス、ラムズイヤー と白やブルーのかなりシックな色合いの花壇に華やかさを添えてくれているのが本日の主役美少年ナルキッソスの化身 水仙2種です   ギリシャ神話の中のお...

  •  6
  •  0