花待人 ゆうるり庭日記


クリスマス気分

思いがけない雪が降りました。
ホワイトクリスマス?

2010.12.225 018 
フワフワの淡雪は時折のぞいたお日様ではかなく消えて・・

今年も静かなクリスマスの夜です
夫は忘年会で留守、ばあちゃんと2人でいつもどおりの夕食
手作りクリスマスツリーにステンドグラスの明かりを灯して、気分だけクリスマス
2010.12.10 010
イルミネーションのメインツリーになっているコニファー‘ブルーアイス’
大きくなって形も乱れていたので、イルミをつける前に剪定しました。
日が当らなくなった下のほうの枝は枯れこんで弱々しい、思い切って下枝をバッサリ
とってもスッキリしたけど・・・かなり間抜け アララ ^^; 

2010.12.15 002  
オーナメントでカバー
 
切り落とした先端の枝はイキイキとしてとっても綺麗、
「何かに使えないかしら?」
「そうだ、クリスマスツリーを作ろ!」

2010.12.10 020 

植木鉢の底に剣山を入れ、ツリー型になるようにブルーアイスの枝を挿して
鉢との隙間に濡らした水苔を詰めました。
小さな松ぼっくり、銀色のボール、手持ちのオーナメントにリボン

クリスマスツリー 
フワフワのギンギツネの穂を間に挿して、超簡単でリーズナブルなツリーができました。
ひょうきんな姿のブリキのサンタと松ぼっくりも置いて、ささやかなクリスマスコーナーです。

今年もあと6日・・・いろんなことがあった1年でした。
新しい年はどんな年になるでしょう?
寒い年末になりそうです。
皆様、風邪などひかれませんように、1年の締めくくり、ラストスパートです ♪

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

やっとイルミネーション点灯です♪

遅ればせながら、やっと今年も事務所廻りのイルミネーション点灯しました。
12月にはいってから、知り合いに会うと「まだ点いてないの?」とよく訊かれました。
待っていてくれる人がいるという嬉しさと少しのプレッシャーに後押しされて
2010年のイルミネーション完成です!

2010.12.20 003 
今年もメインは玄関前のコニファー、ブルーアイス

2010.12.20 009 

去年はホワイトライトだけでしたが、今年はブルーのLEDをプラスしてみました
               (↑去年の記事へ)
 
2009.12.19 004 
これが去年のイルミネーション

基本的には暖かい電球色が好きで、多色使いは好みではないのですが
LEDの青はとっても綺麗で心惹かれます。
メインツリーが去年ちょっと寂しく感じたので、今年は青を加えて賑やかにしてみました。
写真では全体が青っぽく見えますが、白と青のライトの組み合わせはとても綺麗です。

2010.12.20 005

我が家は国道沿いというものの、周りには大きな建物もなく、夜はかなり暗いため
コンデジ(Panasonic Lumix  DMC-TZ5) と私の腕でイルミネーションを撮るのはかなり難しいのです。
高感度モードにしたり、露出を上げたりといろいろ試して、やっと撮れた写真です。
カメラの設定はISO1600、薄暗くなり始めた午後5時30分ごろに撮りました。
この時間なら建物の外形もわかりますが、真っ暗になると・・

2010.12.20 011

2010.12.20 013

こうなります

出足の遅い我が家のイルミネーションはお正月三が日まで
P.M6:00ごろ~11:00ごろの間、点灯の予定です。
お近くの皆様、津島~宇和島間はバイパスではなくR56号を通って
ぜひチラリと見てやってくださいませ (*⌒∇⌒*)♪



 ブログピープル園芸&写真に参加しています
           ポチッとひとつよろしくです♪ 

テーマ:クリスマスイルミネーション - ジャンル:写真

冬空にバラの花

先週の中ごろ、遠くの山はうっすら雪化粧。
いよいよ私の町にも 冬将軍がやってきました。
 
2010.12.14 098 
鮮やかな赤に色付いた桜の葉も残り少なくなりました

寒い北風、冷たい雨の中 咲き残ったバラ

2010.12.14 104 
マリネット
 
2010.12.14 093 
クラレンスハウス
 

2010.12.14 099 
ラプソディ・イン・ブルー

2010.12.10 027 
フランシス・ブレーズ
 
ツルバラの剪定誘引の時期ですね、みなさん、誘引作業進んでますか?
えっ?もう終わったって!
ん~っ・・私はまだ・・ちょっと焦ってきましたよ(・・;)
ツルバラの多くは、去年かなり手抜きの剪定誘引ですませてしまったので
枝が重なりすぎて、内側には枯れ枝が目立ちます。
一季咲きのものは、花の後もほったらかし、そのため・・

2010.12.18 011 

好き勝手に伸びたキモッコウバラとコーネリア 
後ろにはクラレンスハウス、右側に はナニワイバラがあります。
ここは国道側の目立つところ、せめてここだけでもと
昨日と今日、絡まりあった枝と格闘しつつ、この4本をなんとか剪定
誘引は来週の週末かしら・・? 思うようにはかどらない作業・・・前途多難ですね ε=( ̄。 ̄;)
 
 

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

鎮魂と希望の光

気がつけば、12月も残り2週間余り
時はいつも、私を追い立てていますが
さらに情け容赦なくその速度を増しているようです。
楽しくも忙しい季節ですね。

すっかりご無沙汰をしてしまいました。
慌ただしい日々の中、ほんの少しお休みをいただき、
実家と長男のいる神戸へ出かけていたのです。
ちょうど神戸では、「神戸ルミナリエ」が開催されていました。
 
2010.12.14 069 
 
期間最後の日曜日、JR元町駅前からすでにたくさんの人の列
通行止にされた車道いっぱいに広がった人の波は、
ルミナリエ会場まで迂回しながらゆっくりと誘導されていきます。
「あっ!あそこに見える!」 ちらりと遠くに見えた光も、すぐに視界から消え
ユルユルと廻りながら歩くこと30~40分(?)
やっと正面に眩い光の門の入口が見えてきました。
 
2010.12.14 047 
 
「大変混雑しております! 立ち止まっての写真撮影はご遠慮ください!」
係りの方が懸命に呼びかけられているものも、皆さんの頭上には携帯やカメラが・・
はい、私もその1人です。でもこの美しい光景はやはり写真に残したいのが人情というもの・・
流れを止めないように・・・ということで歩きながらの撮影です。
ほとんどファインダーは見えず、感と運だけの撮影ですが
闇に浮かび上がる見事な光の芸術の雰囲気だけでもお伝えできたら幸いです。
 
2010.12.14 051
ルミナリエ

1995年1月 未曾有の被害と悲しみをもたらした阪神淡路大震災
その年の12月、地震の犠牲者の鎮魂と復興への希望をこめて始まった神戸ルミナリエ
幻想的な色と光で描かれた幾何学模様は、おごそかな光の彫刻
 
2010.12.14 076 
 
  「ルミナリエ」の語源はイタリア語のIlluminazione Per Feste(祝祭のためのイルミネーション)。
  ルミナリエ作品はヨーロッパバロック時代(16世紀後半、ルネッサンス末期)に盛んに創られた
  祭礼、装飾芸術のひとつとして誕生した光の魅力を駆使した建築物を起源としています。
  光のもつ精神的価値と祝祭性を包含し、
  現在の形態である電気照明を用いた幻想的な光の彫刻として創作されるに至りました。
                     -神戸ルミナリエHPよりー

ただの光のモニュメントだけでないおごそかな祈りの声が聞こえるような気がするのは
ルミナリエの起源の持つ宗教的な精神性の所以でしょうか、
それとも過去の悲しみの記憶を忘れないために、
そして未来への希望を持ち続けるために灯し続けてきた神戸市民の深い思いが伝わるからでしょうか。
神戸ルミナリエはすべて民間の企業や市民の寄付によって続けられてきました。
しかし、しだいに経済的な理由からその継続が困難になってきているそうです。
この美しい光が続きますようにと私もほんのささやかな寄付をさせていただき、
気分よく長男の部屋へ向かったのです。
 
2010.12.14 082  
しかし、夢心地はそこまで・・
長男の部屋のドアを開けたとたん、玄関には大きなゴミ袋が二つ
部屋の中は散らかりほうだい・・・アハハッ 現実はこんなものですね ^^;

テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

気の長いレンガ敷き

去年の6月から始めた、事務所前のレンガ敷き
花壇の前面部分だけですが、11月23日にやっと予定の場所まで到達しました。
1年6ヶ月・・長かった~(^^;  
花待人流、素人レンガ敷きの記録です。
 
2009 6.8 027 
2009年6月 工事開始 (そのときの記事)

この時は写真左端のレンガがきれている所まで、
この後、少しずつ伸びて
2010.11.27 013 
植栽マスを作り、アーチを立てたところで、しばし中断
アーチの手前、レンガの色が少し明るいところからが今回の工事です。
かなりアバウトな方法ですが、花待人流レンガ敷きの工程をご紹介しましょう。

レンガ敷き 
レンガ敷き2 

目地に入れる砂にセメントをまぜておくと、しっかりと固定しますが、
私は、気が変わった時に作りかえるのが簡単なように、砂だけで固定します。

2010.11.23 029 


最後に全体に水をかけて、目地の砂を締め、表面を洗い流して完了 ♪
少々・・いえ、かなり歪んでますけど、そこは手作りの味とお許しくださいね (^^;)
今はまだ落ち着きませんが、時間がたてば味わいを増してなじんでくるはず・・

レンガの小路 

1年6ヶ月前に敷いた所です。
日当たりの良い部分ではヒメイワダレソウが目地にぎっしりと広がりました(左)
日陰には自然に生えた苔が、なかなかいい味をだしてます。(右)
 
完成後の全体写真をお見せしたいところですが
工事後2週間あまりの間に、ある問題が判明し手直しが必要となりました (・・;)
ε=( ̄。 ̄;)フゥ いったいいつになったら完成するのでしょうか・・
気の長いレンガ敷きはまだまだ続きます。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

落葉の絨毯

西のシェードガーデンに欅の落葉が降り積もり、まるで落葉の絨毯のよう
 
2010.11.27 003

落葉を踏みながら歩くと カシャカシャと音がして、フワフワの感触が心地いい

2010.12.2 011 
落葉の枯れ色と宿根草の緑色の鮮やかなコントラスト

春に萌えだした瑞々しい新緑は生命の歓びを
夏の日差しの中では、濃い葉陰が爽やかな風を私に与えてくれました。
命をつないできた木の葉が、今役目を終えて散ってゆきます

2010.12.2 009 
その姿は最後のときまで美しい
落葉はやがて土に還り、姿を変え新しい命へ。
永遠に続く生命の輪廻
大いなる自然の中には何一つ無駄なものはないのです。
小さな私の命にも何かしら意味があるのかな・・?

柄にもなく感傷的な気分は、ちょっと寂しい季節だから・・?
それとも、そろそろ落葉になりかけた齢のせいかしらね(笑)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

| ホーム |

■ プロフィール

hanamatibito

Author:hanamatibito
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (318)
1月の庭 (24)
2月の庭 (24)
3月の庭 (23)
4月の庭 (34)
5月の庭 (48)
6月の庭 (37)
7月の庭 (27)
8月の庭 (23)
9月の庭 (26)
10月の庭 (20)
11月の庭 (17)
12月の庭 (15)
薔薇 (40)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (18)
宿根草 (55)
球根 (38)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (83)
神話の中の花物語 (2)
ケセラセラの日々 (66)
家族 (41)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (53)
お出かけ (56)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (12)
庭の生き物 (21)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (14)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2010年12月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ BlogPeople

■ バラ大好き

■ 花*自然*写真

■ ガーデニング

■ 宿根草

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード


まとめ