FC2ブログ

花待人 ゆうるり庭日記

archive: 2011年05月  1/1

ミサト&ペンステモン・ハスカーレッド

 一昨年の秋に作った事務所前の花壇、 バラをメインに宿根草を合わせて植栽、バラ花壇と呼んでいました。 しかし、9本植えたバラのうち2本はテッポウムシの被害に遭って消えました。 バラの脇役だったはずの宿根草たちが、どんどん幅を利かせて、今や主役級・・ なのでこの花壇の呼び名を宿根草ボーダーに変更です。 今日は賑やかな宿根草ボーダーからバラと宿根草のコンビです (*^-^*) ☆   「主役の座は渡せない!...

  •  2
  •  0

バフ・ビューティ&セントランサス

願いは空しく、四国地方は昨日梅雨入りしました。去年より18日も早いそうです。そのうえ大きな台風まで・・・庭ではバラや宿根草たちが咲き競っています。ご紹介したい花がいっぱいで,雨で傷む前にと写真をたくさん撮りましたが、UPが追いつきません。タイムリーではありませんが、少しづつUPしていきたいと思ってます。よろしかったらお付き合いくださいね (*^-^*)☆今日は、庭の一画にある小さなコーナーの住人たちです。今...

  •  2
  •  0

リナリア・パープレア&フォプシス・スティローサ

イングリッシュガーデンの定番 リナリア・パープレア(プルプレア) 細い花穂に細い葉、紫、ピンク、白などパステル調の優しい花色  スラリとした草姿にずっと憧れていましたが、夏の暑さに弱いからと諦めていたのです。 でもよく調べてみると暑さではなく、過湿や蒸れが問題のようです。 だったら、植える場所さえ選べば育てられるかもしれない♪ やってみなくちゃわからない!    ・・ということで、昨年の秋に植えた...

  •  0
  •  0

続・花色あわせ トレリス花壇編

昨日は1日中シトシト雨 白い八重のアマリリスの花がたっぷり水を含んで最敬礼   うなだれたアマリリスって・・・^^:  不自然なくらい直立してラッパを真横に広げている、元気だけどちょっと繊細さに欠ける花・・。 アマリリスはそんなイメージですからね。 週間天気予報によるとこの先、お天気よくないですね。 このまま梅雨に突入?!なんて話も・・・え~っそれは勘弁してほしい~! やっとバラが咲き始め、これからが...

  •  2
  •  0

花色あわせ トレリス花壇編

庭はカンバス、お花は絵具 どんな絵が出来上がるかは季節が来るまでわかりません。 初めての植物は花開くまではドキドキ不安 こんなはずでは・・・^^;と思うこともしばしば でも、だからこそ庭造りはオモシロイ ♪ 咲いた姿を想像しながら花のない小さな苗を植える時のワクワク感 思い通りの花色あわせができたときは「やった~!」って感じ 思いがけない素敵な組み合わせが生まれたときはもう最高! これこそ庭造りの醍醐味で...

  •  2
  •  0

ちさの花とさくらんぼ

細い枝に白いクロッカスみたいな花がぶらさがって、ユ~ラユラ  エゴノキの花です。   清楚な白い花は、曇り空でも光を集めて輝いているようです こんな美しい花なのにエゴノキという名前は似つかわしくないですね。 この名は、花後に付く果実の皮がえぐいことに由来するとか・・ うふふ、食べてみた人がいるのですね、チャレンジャーだわ ^^; このえぐ味はエゴサポニンという成分の味で、 果皮をすりつぶすと泡だっ...

  •  2
  •  0

パヴィヨン・ドゥ・ブレイニー

待ちわびた期待の新人、可愛いバラが咲きました。 ‘パヴィヨン・ドゥ・ブレイニー’ オールドローズです。   Pavillon de Pregny ノアゼット系 四季咲き 1863年 ギヨー作出   花径5cmくらい、小さめのディープカップ咲き 細い茎にもたくさんの蕾   コロンとまあるい蕾も可愛い   花びらの外側が白、内側はヴァイオレットピンク・・ のはずでしたが、初めて咲いた花はちょっと濃い目のローズ色? ここ何年...

  •  0
  •  0

サルビア ネモローサ‘カラドンナ’

爽やかな5月の風が心地よい週末でした。 今日は久々のまとまった庭仕事、草とりに励みました。 日向での作業で汗だく、でも気分はすっきり♪ やっぱり庭仕事は楽しい♪   朝のトレリス花壇 ここは庭の中で今一番華やいでいる場所いろんなお花が咲き競い、楽しませてくれていますが、 この中で今一番のお気に入りはこちら   ゲラニウム ジョンソンズブルーと素敵なコラボを見せている・・   サルビア ネモローサ‘...

  •  2
  •  0

なっちゃん’s Garden 2011

今年も花友なっちゃんの庭に華やかなバラの季節がやってきました。 (昨年の記事) 国道に面した壁面のバラの開花具合を、毎日横目で見ながら通過 ベストなタイミングを狙って今日のお昼休みにカメラを抱えて出かけました。 鮮やかなピンクはアンジェラ   中には少し控えめなピンクの花も・・・   そして やっぱりため息が出るような美しいバラ     ピエール・ド・ロンサール 見事です♪   ハニーサッ...

  •  2
  •  0

春から夏へ トレリス花壇編

春から初夏への急展開に、のんびりしていた庭の花たちは大慌て  わずか10日ほどで劇的に変わったように思えます。 そんなトレリス花壇 のようす、時間を遡ってみました。 5月2日 コデマリと山吹が満開です。   咲いていたのはシラー・カンパニュラータとカマシア・クッキー 秋植え球根のなかでは遅咲きの球根花  5月7日     ゲラニウム・サンギネウム(アケボノフウロ)、シラー・バルビア...

  •  0
  •  0

春から夏へ

肌寒かった立夏から、一転、昨日は夏日 最高気温27.5℃、じっとりとまとわり付くような蒸し暑さでした。 庭の花も一斉に咲き始め、写真を撮るのも追いつきません。 春から初夏へ急加速で変わり行く庭 余計な説明は抜きにして、撮り溜めた写真から庭の今を見てやってください (*^-^*) ニッコリ☆   今日は事務所まわりのようすを・・・  入口のネモフィラ・イニシングブルー  バラの新葉とオルラヤ、タニウツギが明...

  •  0
  •  0

あたいの独り言

ねぇ あたいのことどう思う?    あたいを育てたhanamatibitoったら、あたいのことケバイとか言うんだよねそのうえさぁ 品がないとか、場末のにおいがするとか、ずいぶんじゃない?そりゃ確かに、ちょっと化粧濃いかもしんないけどさぁ、それなりにがんばってるのさ。アークトティス・グランディスとかって気取った名前の奴と比べて笑うんだ形は似てるけど、全然違うんだってさ・・・なんか間違ってるって  ...

  •  6
  •  0

思い込みの卯の花

  卯の花のにおう垣根に    不如帰はやも来鳴きて   しのび音もらす 夏は来ぬ  タニウツギ 谷空木 Weigela hortensis スイカズラ科タニウツギ属唱歌「夏は来ぬ」に歌われた卯の花はウツギ(ユキノシタ科ウツギ属)のことですが、 私にとって「卯の花」はこのタニウツギ。 それは小学生だったころ、通学路に咲いていた花 「なんていう花?」と尋ねた純真無垢な私に(笑)、母だったか祖母だったか覚えていないけど 「そ...

  •  2
  •  0

ふんわり優しく ティアレア

優しく愛らしいティアレアの花がふんわりと咲きました。   ティアレア オークリーフ Tiarella cordifolia Oakleaf ユキノシタ科ティアレア属 北アメリカ原産   4月28日 咲き始めたころ   今では、たくさんの花穂が満開 ユキノシタ科の常緑多年草、常緑といっても秋冬には渋い赤茶に色を変えます。 日陰から半日陰の湿り気のある場所を好みます。 このオークリーフは鉢植えで、ヒューケレラ‘ストップライト’と同居...

  •  4
  •  0

青い花 ビルウォーリス

I love blue flowers  青い花に心惹かれます . 空のような水色、コバルトブルー、青紫・・ どうして青い花が好きなのか分からないけど とにかく青い花が好き ♪ 庭の花も青い花ばかり・・・   フウロソウ ‘ビルウォーリス’ Geranuium pyrenaicum ‘BIll Wallis'  2cmほどの可愛い小花がたくさん咲きます。 春から秋まで咲き続ける花期の長さも魅力 フウロソウの中では暑さにも耐える強健な種類 ・・だそうです。今...

  •  0
  •  0