花待人 ゆうるり庭日記


ミサト&ペンステモン・ハスカーレッド

 一昨年の秋に作った事務所前の花壇、
バラをメインに宿根草を合わせて植栽、バラ花壇と呼んでいました。
しかし、9本植えたバラのうち2本はテッポウムシの被害に遭って消えました。
バラの脇役だったはずの宿根草たちが、どんどん幅を利かせて、今や主役級・・
なのでこの花壇の呼び名を宿根草ボーダーに変更です。

今日は賑やかな宿根草ボーダーからバラと宿根草のコンビです (*^-^*) ☆

2011.5.26 002 
「主役の座は渡せない!」とばかりに頑張っているバラは

2011.5.24 007 
シャンテ・ロゼ・ミサト
 Chant Rose Misato
2004年 デルバール

2011.5.24 006
雨の中でも、華やかさはやっぱりピカイチです。

2011.5.24 012 
ミサトに寄り添う宿根草はペンステモン・ハスカーレッド
あらっ?雫の中にもミサトが!
 
2011.5.24 012 
逆さになった小さなミサト、可愛い~♪

2011.5.25 013 
ペンステモン・ハスカーレッド
Penstemon digitalis 'Husker Red'
ゴマノハグサ科 北アメリカ原産

2011.5.25 017 

花は淡いピンク色、赤紫の葉や茎の色が素敵です。
スラリとした姿ですが、暑さにも負けない強健な原種ペンステモン
2年目の株です。強くて美しい、頼りになる大好きな宿根草。



ブログピープル園芸&写真に参加しています  



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

バフ・ビューティ&セントランサス

願いは空しく、四国地方は昨日梅雨入りしました。
去年より18日も早いそうです。そのうえ大きな台風まで・・・
庭ではバラや宿根草たちが咲き競っています。
ご紹介したい花がいっぱいで,雨で傷む前にと写真をたくさん撮りましたが、UPが追いつきません。
タイムリーではありませんが、少しづつUPしていきたいと思ってます。
よろしかったらお付き合いくださいね (*^-^*)☆

今日は、庭の一画にある小さなコーナーの住人たちです。

今年もきれいに咲きました。

2011.5.19 036
バフ・ビューティ
Buff Beauty
ハイブリッドムスク系
1939年作出

独特の色合いを言葉で表現するのは難しいです。
咲き始めは中心にオレンジ色を秘めた、少しくすんだ黄色
咲き進むにつれて白く退色していきますが、花持ちが良いので
咲き始めの濃い色の花と退色した白っぽい花が混ざり合い、すてきなグラデーションが見られます。

2011.5.19 042 

しだいに全体が白っぽく変化していきますが、ロゼット咲きの花形が崩れることはありません。
春はたくさんの花を付け、秋までポツリポツリと咲き続けます。
トゲは少なく扱いやすい丈夫なバラです。
我が家では数少ない南向きの車庫の壁に住んでいます。
今年も株元からシュートを伸ばしています。とっても元気なおりこうさんなのです。

バフ・ビューティーの足元には、こちらも元気な宿根草

2011.5.19 035
セントランサス・ルベル
 Centranthus ruber

和名:ベニカノコソウ
英名:レッドバレリアン
オミナエシ科

2011.5.19 034 
 
赤に近い濃桃色の小花がたくさん集まって房になって咲きます。
前回のリナリアと同じく、イングリッシュガーデンのボーダーなどによく使われる宿根草
常緑で厚みのある葉もきれいです。

昨年、種から育てたセントランサス、たくさん苗ができたのでいろんな所に植えました。 
事務所前のバラ花壇の前面にも並べて・・初夏には小さな房でしたが可愛く咲きました。

2010.6.5 006 
2010年6月撮影
 
しかし、梅雨に入って雨が続くと弱り始め、夏にはすっかり枯れてしまいました p(・・,*)
丈夫なはずだったのになぜ?
改めて調べてみると
「日当たりのよい乾燥地に向く、多肥多湿では夏に株が腐りやすい」ですって!
新しく作ったこの花壇には、たっぷりの堆肥をすき込みました。
その上、周りより少し低く水が流れ込みやすい状態だったのです。 まさに多肥多湿!!

新しい植物を植えるときは、その植物の性質を知ってから・・ですね。
たった一株生き残り、見事な大株に育ったセントランサスが最初の2枚の写真
たくさんあった苗の残り物、植えるところがないなぁと適当に植えたのが
南向きの倉庫の軒下、30cmほどレンガを積んだ小さな植栽マスだったのです。
偶然にも「日当たりのよい乾燥地」だったというわけ・・アハッ ^^;
 
2011.5.26 011 

この狭いところに、バフ・ビューティーとセントランサス
野バラのようなバラ‘フェアリーウイング’とチャイブ、土を覆うのはヒメイワダレソウ
おまけに、ノウゼンカズラまでギュウギュウになって住んでいます。
かなりの狭小住宅ですが、日当たりだけは抜群の優良物件。
みんなすくすく元気です。やっぱりお日様の力はスゴイですね ♪

2011.5.19 043




ブログピープル園芸&写真に参加しています  


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

リナリア・パープレア&フォプシス・スティローサ

イングリッシュガーデンの定番 リナリア・パープレア(プルプレア)
細い花穂に細い葉、紫、ピンク、白などパステル調の優しい花色
 
2011.5.25 003

スラリとした草姿にずっと憧れていましたが、夏の暑さに弱いからと諦めていたのです。
でもよく調べてみると暑さではなく、過湿や蒸れが問題のようです。
だったら、植える場所さえ選べば育てられるかもしれない♪
やってみなくちゃわからない! 

2011.5.21 017 

・・ということで、昨年の秋に植えた苗がこんなに大きくなりました。
1mくらいあるのでは? 株も大きくなって、細いけれどしっかりとした茎がしゃんと立ち上がっています。
茎の先には薄ピンクの花がたくさん ♪

2011.5.25 004  
リナリア・パープレア‘キャノンJウェント’
Linaria purpurea ‘Canon J Went’
ゴマノハグサ科
地中海沿岸原産

日当たりと風通しがよく、やや乾き気味の場所が良いようです。
多肥にすると茎が太くなり、せっかくのスリムな姿が台無しになるとのことでしたから
土壌改良をしていないアーチの足元の固い痩せ地に堆肥を少しだけ入れて植えました。 

2011.5.21 021 

このスレンダーな美人とコンビを組んだのは、丸いピンクの花 フォプシス・スティローサ

2011.5.21 019 
フォプシス・スティローサ
Phuopsis Stylosa
アカネ科
コーカサス原産

飛び出したシベがとってもキュート♪ 線香花火の最後の火花みたいです。

2011.5.20 050 

草丈20cmくらい、放任してもよく育ち広がっていくグランドカバープランツ
乾燥にも耐えるので、リナリアとの相性もバッチリです。
葉の形は似ていますが、リナリアの葉は青みがかった緑色、フォプシスは明るい緑
縦のラインと低く広がる面、細い花穂と手まり状の丸い花
対照的なピンクコンビになりました。
このコンビと一緒にいる植物、少々肩身が狭そうな・・

2011.5.21 022 

ガーデンルーです。色も形もとっても好きな低木
元気なピンクコンビの勢いに負けそうで心配です。



ブログピープル園芸&写真に参加しています  

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

続・花色あわせ トレリス花壇編

昨日は1日中シトシト雨
白い八重のアマリリスの花がたっぷり水を含んで最敬礼

2011.5.23 031 

うなだれたアマリリスって・・・^^: 
不自然なくらい直立してラッパを真横に広げている、元気だけどちょっと繊細さに欠ける花・・。
アマリリスはそんなイメージですからね。

週間天気予報によるとこの先、お天気よくないですね。
このまま梅雨に突入?!なんて話も・・・え~っそれは勘弁してほしい~!
やっとバラが咲き始め、これからがいいとこなんですもの・・・

昨日までの写真から、
「花色あわせ トレリス花壇編」の続編です。

2011.5.21 054 
ER コンスタンス・スプライ&ハニーサックル

どちらも新枝を長く伸ばしいつも高いところで咲いていたので
思いっきり低い位置で誘引しました。 そして花が咲いたら・・低すぎました ^^;

2011.5.21 050 
のっぽのジギタリスの後ろで咲きました・・・(ー`´ー)うーん 見えません。

見えないのはこちらも同じ

2011.5.17 016
OR バロン・ジロー・ド・ラン
Baron Girod de l'Ain
ハイブリッドパーペチュアル系
1897年作出

トレリスの裏側で綺麗に咲いてます。実は裏側の花のほうがきれいなんです。
なにしろ裏側が南向きなのでね・・コチラに咲いた花は、切花にしておうちの中へ。

2011.5.19 020 
OR マダム・ピエール・オジェ
Mme Pierre Oger
ブルボン系 1878年作出

2011.5.21 034 
ER ジェントル・ハーマイオニー
Gentle Hermione
2005年作出

2011.5.21 032 
パヴィヨン・ド・ブレイニー
Pavillon de Pregny
ノアゼット系 四季咲き
1863年 ギヨー作出

この3種は花壇の前面に置いた鉢植えのバラです。

2011.5.23 026 

手前の鉢には、ルピナス ブルーボネット、ユーフォルビア‘ブラックバード’
ブルーボネットの花はもう終わり、種ができてます。

2011.5.8 008 
5月8日撮影 綺麗なころの花 
小型の原種ルピナスで株は横にひろがります。

ブルーボネットの右側にちらりと見える白い花

2011.5.21 063 
ミツバシモツケ

華やかな花たちの中で、地味~に咲いていますが、よ~く見ると可愛いのです。

2011.5.21 062 


バラはもちろん大好きだけど、このごろこんな素朴な花も気になります。
女王のバラから渋めの山野草まで、お気に入りをみんな詰め込んだ初夏のトレリス花壇
雨が降るたび緑がワッサワッサに・・・夏のステージの出演者たちもスタンバイOK?
「あ~した天気にしておくれ♪」
テルテル坊主にお願いしてみましょうか・・・
今しばらく華やかな初夏の花たちの競演を楽しみたいのです (*^-^*) ☆


ブログピープル園芸&写真に参加しています  




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

花色あわせ トレリス花壇編

庭はカンバス、お花は絵具
どんな絵が出来上がるかは季節が来るまでわかりません。
初めての植物は花開くまではドキドキ不安
こんなはずでは・・・^^;と思うこともしばしば
でも、だからこそ庭造りはオモシロイ ♪

咲いた姿を想像しながら花のない小さな苗を植える時のワクワク感
思い通りの花色あわせができたときは「やった~!」って感じ
思いがけない素敵な組み合わせが生まれたときはもう最高!
これこそ庭造りの醍醐味です。

2011.5.19 018 

初夏、バラの季節に一番美しい絵ができるはずの私の庭
トレリス花壇は、今年も大好きなブルーを基調にしたパステル調の花色あわせ
日々その姿を変え、美しい時はほんの一瞬 見逃さないように・・・
さてさて今年の花色あわせはいかがでしょうか?
 
2011.5.17 014 
ピンクのクナウティア・メルトンとジョンソンズブルー

2011.5.21 069 
同じクナウティアとアケボノフウロ ピンク&ピンクのコンビ

2011.5.20 053 
ピエール・ド・ロンサールとクレマチス ユーリ 

ピエール&ユーリ 
テッポウムシの被害にあってからずっと元気のなかったピエール
やっと本来の花が見られました♪ 復活の兆し?

2011.5.21[2] 008  
ヴァイオレット
Violette
ランブラー系 1921年作出

2011.5.21 070 

高くなって下枝がなくなったユーカリの木を登らせています。
ユーカリのシルバーリーフとちょっと素敵なコラボです。
半八重の小輪の花が3年目にしてやっとたくさん咲きました。
濃い赤紫に黄色のシベが目をひきます。

23年5月21日トレリス

どちらも花期の長いアケボノフウロとイングリッシュデージー、可愛いコンビ
蕾のヤロウは白い花、こぼれ種のニゲラも白でした。
黒花ナデシコ‘ソーティー’はシックな大人色

こんな楽しいコンビも誕生!

2011.5.21 051 
ゲラニウム プラテンセ‘スプリッシュスプラッシュ’と球根花ディケロステンマ‘ピンクダイヤモンド’

目いっぱい欲張って、いろんな花を詰め込んだトレリス花壇には、
「わたしを忘れないで」と囁いている花がほかにも・・・
ということで・・・花色あわせトレリス花壇編はまだまだ続きます(*^-^*)☆


ブログピープル園芸&写真に参加しています  



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ちさの花とさくらんぼ

細い枝に白いクロッカスみたいな花がぶらさがって、ユ~ラユラ

2011.5.17 041 
エゴノキの花です。

2011.5.17 042 

清楚な白い花は、曇り空でも光を集めて輝いているようです
こんな美しい花なのにエゴノキという名前は似つかわしくないですね。
この名は、花後に付く果実の皮がえぐいことに由来するとか・・
うふふ、食べてみた人がいるのですね、チャレンジャーだわ ^^;
このえぐ味はエゴサポニンという成分の味で、
果皮をすりつぶすと泡だって石鹸の代わりになるそうです。

エゴノキの別名は「ちしゃの木」あるいは「ちさの木」 
可愛いお花は「ちさの花」と呼ぶのがピッタリの花木です。

♪は~なが咲いて 実になって~♪
ちさの木の実は食べられそうにありませんが、こちらは食べられる実 ♪

2011.5.19 003 
さくらんぼ、大豊作です!

2011.5.13 054

鈴なりの小さな赤い実、見てるだけでも楽しい ♪
お味は佐藤錦とはいかないけど、真っ赤に熟したさくらんぼは甘酸っぱい、素朴な味
週末ごとにやってくる2人の孫と鳥たちに大好評! 
ヒヨドリはもちろん、肉食だと思っていたイソヒヨドリもやってきます。
それでも食べきれそうもありません。(*^-^*)☆



ブログピープル園芸&写真に参加しています  


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

パヴィヨン・ドゥ・ブレイニー

待ちわびた期待の新人、可愛いバラが咲きました。
‘パヴィヨン・ドゥ・ブレイニー’ オールドローズです。

2011.5.17 027 
Pavillon de Pregny
ノアゼット系 四季咲き
1863年 ギヨー作出

2011.5.17 020 
花径5cmくらい、小さめのディープカップ咲き
細い茎にもたくさんの蕾

2011.5.17 018 
コロンとまあるい蕾も可愛い

2011.5.17 019 

花びらの外側が白、内側はヴァイオレットピンク・・
のはずでしたが、初めて咲いた花はちょっと濃い目のローズ色?
ここ何年か、増やしすぎた鉢植えのバラの管理に自信を失い、
「もうバラは増やさない!」と決意したはずの私ですが、
このバラの優美なお顔の写真の前に決意は儚く崩れ去り・・・
鉢は一つ増えました ^^;

2011.5.17 023

樹高60cmくらい、ノアゼット系の中では小さめのバラ
一輪ごとに表情を変えそうな予感・・・次の開花が楽しみです。
香りも豊か、「石鹸とバラの香りをまぜたよう」と津島シャロームさんが表現してくれました。
どんな香りか想像してみてくださいね (*^-^*) ☆


ブログピープル園芸&写真に参加しています  



テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用

サルビア ネモローサ‘カラドンナ’

爽やかな5月の風が心地よい週末でした。
今日は久々のまとまった庭仕事、草とりに励みました。
日向での作業で汗だく、でも気分はすっきり♪ やっぱり庭仕事は楽しい♪

2011.5.14 002 
朝のトレリス花壇

ここは庭の中で今一番華やいでいる場所
いろんなお花が咲き競い、楽しませてくれていますが、
この中で今一番のお気に入りはこちら

2011.5.14 005 
ゲラニウム ジョンソンズブルーと素敵なコラボを見せている・・

2011.5.14 006 
サルビア ネモローサ‘カラドンナ’
Salvia nemorosa ‘Caradonna’
シソ科サルビア属
ヨーロッパ、中央アジア原産
 
コンビを組んだジョンソンズブルーは、草丈が伸びるにつれ倒れて大暴れ
でもこちらは、花茎が真っ直ぐに立上り、シャープな印象です。
花茎の赤茶色が緑の中で、際立ってとても綺麗です。
花は青紫、写真ではピンク色のように見えますが、実際はもっと青に近い色

2011.5.13 022 

暑さ寒さにも強い、引き締め役の宿根草
まだ1年目の株なので、大株になったらその存在感はさらに増すことでしょうね (*^-^*)☆




ブログピープル園芸&写真に参加しています  


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

なっちゃん’s Garden 2011

今年も花友なっちゃんの庭に華やかなバラの季節がやってきました。 (昨年の記事)
国道に面した壁面のバラの開花具合を、毎日横目で見ながら通過
ベストなタイミングを狙って今日のお昼休みにカメラを抱えて出かけました。

2011.5.13正木邸 015
鮮やかなピンクはアンジェラ

2011.5.13正木邸 018 
中には少し控えめなピンクの花も・・・

2011.5.13正木邸 013 
そして やっぱりため息が出るような美しいバラ

2011.5.13正木邸 012 
2011.5.13正木邸 011 
ピエール・ド・ロンサール 見事です♪

2011.5.13正木邸 019 
ハニーサックルも

主のなっちゃんはお仕事でお留守ですが、お庭の中にもちょっとお邪魔してみました。
なっちゃん、勝手にゴメンね~♪

2011.5.13正木邸 008
メインガーデン 
フランソワ・ジュランビルとブルボン・クィーンのアーチの下を可憐な小花が彩ります

2011.5.13正木邸 009 
ここにも素敵なバラが・・

2011.5.13正木邸 007 
たしか・・ニコール・キャロル・ミラー・・?

絶妙な開き具合です。白地にピンクをそっとのせた色合いが柔らかく、優しい印象
ピンクの好きな、少女のようななっちゃんにピッタリの花です。



ブログピープル園芸&写真に参加しています  


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

春から夏へ トレリス花壇編

春から初夏への急展開に、のんびりしていた庭の花たちは大慌て 
わずか10日ほどで劇的に変わったように思えます。
そんなトレリス花壇 のようす、時間を遡ってみました。

5月2日 コデマリと山吹が満開です。
5月2日 
シラー&カマシア 
咲いていたのはシラー・カンパニュラータとカマシア・クッキー 秋植え球根のなかでは遅咲きの球根花 

5月7日

2011.5.7 012  カマシア 
ゲラニウム・サンギネウム(アケボノフウロ)、シラー・バルビアナが咲き始め
カマシア、シラーは盛りを過ぎました。
ジギタリスは蕾、まだほとんど一面の緑色

5月11日 今日のトレリス花壇
雨の合間に撮影しました。クリアな写真ではありませんが雰囲気だけでも・・

2011.5.11 003 
待ちわびていた花が、一斉に咲きました~♪

トレリス5月 
ジギタリス、デルフィニュウム、サルビア・ネモローサ、ゲラニウム・ジョンソンズブルー
リシマキア・アトロパープレア・ボジョレー、クレマチス‘フランシス ラビリス’・・etc.

2011.5.11 004 
クレマチス‘ベルオブウォッキング’

もちろんバラも ♪

2011.5.11 015 
‘ ロココ ’
P.S 間違ってました!ロココではなく、‘ソンブレイユ’です!

2011.5.11 019 
可愛い蕾は OR ‘パヴィヨン・ドゥ・ブレイニー’

雨の中でも次々と開花する花たち、明日も雨の予報です。
「そんなに慌てないで!雨が止むまで待ってて!」



ブログピープル園芸&写真に参加しています  




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

春から夏へ

肌寒かった立夏から、一転、昨日は夏日
最高気温27.5℃、じっとりとまとわり付くような蒸し暑さでした。

庭の花も一斉に咲き始め、写真を撮るのも追いつきません。
春から初夏へ急加速で変わり行く庭
余計な説明は抜きにして、撮り溜めた写真から庭の今を見てやってください (*^-^*) ニッコリ☆


2011.5.8 023 

今日は事務所まわりのようすを・・・

2011.5.2 019 
入口のネモフィラ・イニシングブルー 

2011.5.8 019
バラの新葉とオルラヤ、タニウツギが明るく華やかに

 
エリゲロン 

エリゲロン・カルビンスキアヌス あちこちに飛んで行く軽やかな小花
アリウム・ギガンチュームはまだ蕾、どうみてもやっぱり葱坊主です


asutirube.jpg 
tyoujisou.jpg 

半日陰の石垣の下には、ギボウシ、アスチルベ、オーニソガラム・ウンベルタム
青い花はチョウジソウ、細い花びらが開くと、横顔が丁の字に見えるから丁字草

2011.5.10[2] 002 
さくらんぼの木の下でだらしなく伸びた水仙の葉っぱ、三つ編みにしてまとめてみました~♪

こうして並べてみると、みんな小さな脇役ばかりですね。
この場所の主役はもちろんバラです! 前面花壇のバラはまだ咲きませんが
一番手はこちら・・・
 
2011.5.10 021 
西向きの壁に咲く、つるバラ‘クラレンスハウス’

高い所に咲いています。下からではこんな写真しか撮れなくて・・・
とても香りの強いバラで、西側の窓から豊かな香りが漂ってきます。

今日は1日中雨が降ったり止んだり、週末まで雨が続きそうですね。
雨が上がったら、バラの開花ラッシュ!かも・・ワクワクの季節の到来です (*⌒∇⌒*)♪



ブログピープル園芸&写真に参加しています  



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用


あたいの独り言

ねぇ あたいのことどう思う?

2011.5.7 050  

あたいを育てたhanamatibitoったら、あたいのことケバイとか言うんだよね
そのうえさぁ 品がないとか、場末のにおいがするとか、ずいぶんじゃない?
そりゃ確かに、ちょっと化粧濃いかもしんないけどさぁ、それなりにがんばってるのさ。

アークトティス・グランディスとかって気取った名前の奴と比べて笑うんだ
形は似てるけど、全然違うんだってさ・・・なんか間違ってるって
 
2011.5.8 016 
2011.5.8 018

そんなに違やしないとおもうんだけど
あっちはお姫様、あたいはあばずれかい?
ねぇ あんたはどう思う?

2011.5.7 051 

まあ そんなこと気にしちゃいないよ。あたいはあたいさ
たくましく生きてくのさ
なにしろ丈夫なこの体、虫一匹付きゃしないよ。
えっ?あたいの名前?
ああ あたいの名前は 除虫菊 さ!


ブログピープル園芸&写真に参加しています  



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

思い込みの卯の花

  卯の花のにおう垣根に 
  不如帰はやも来鳴きて
  しのび音もらす 夏は来ぬ

タニウツギ 
タニウツギ 谷空木
Weigela hortensis
スイカズラ科タニウツギ属

唱歌「夏は来ぬ」に歌われた卯の花はウツギ(ユキノシタ科ウツギ属)のことですが、
私にとって「卯の花」はこのタニウツギ。
それは小学生だったころ、通学路に咲いていた花
「なんていう花?」と尋ねた純真無垢な私に(笑)、母だったか祖母だったか覚えていないけど
「それは卯の花」と教えてくれたのです、 ウソを・・・
だから「夏は来ぬ」の卯の花はこの花だと思っていました。つい最近までね・・
ウツギと名は付いていますが、タニウツギはスイカズラ科、ウツギはユキノシタ科なのです。

2011.5.7 003 
こちらが本家卯の花、ヒメウツギです。

昨年偶然出会った斑入りのタニウツギの小さな苗
ずいぶん長いこと見かけることのなかった花が懐かしくて、庭に植えました。
枝数が増え成長した木に、今年たくさんの花が咲きました。

2011.5.7 020 
「う~のはな~の におうかきねに~♪」  やっぱり歌ってしまう思い込みの強い私です。

昨日は立夏 暦の上では夏ですが曇り空に強い風が吹き、寒ささえ感じる夏の始まりとなりました。
5月に入っても気温の低い日が続き、庭の花もいつもよりのんびりしているようです。
それでも、緑は懸命に背伸び   トレリス花壇には いよいよ主役の登場です ♪

2011.5.4 017 
クレマチス ‘プリンセス プリンセス’

このクレマチスの名前も間違って覚えていました。
一昨年の記事にも登場してます。タイトルは「桃色のお姫様」 
品種名を‘ピンク プリンセス’だと思い込んでいたので・・・
足元に埋もれていたラベルをよ~く見ると、‘プリンセス プリンセス’あららっ 「姫 姫」でしたね ^^;

子どもの頃から今に至るまで、繰り返してきた勘違いと思い込み
目の前にはTVをつけっぱなしで大いびきの夫・・んっ?「運命の人」も もしかして勘違い?
勘違いのままで居たほうが幸せなこともあるようですよ (*^-^*) ☆ 


ブログピープル園芸&写真に参加しています  



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ふんわり優しく ティアレア

優しく愛らしいティアレアの花がふんわりと咲きました。

2011.5.2 009 
ティアレア オークリーフ
Tiarella cordifolia Oakleaf
ユキノシタ科ティアレア属
北アメリカ原産

2011.4.28 005 
4月28日 咲き始めたころ

F71ISO100F.jpg 
今では、たくさんの花穂が満開

ユキノシタ科の常緑多年草、常緑といっても秋冬には渋い赤茶に色を変えます。
日陰から半日陰の湿り気のある場所を好みます。
このオークリーフは鉢植えで、ヒューケレラ‘ストップライト’と同居してます。

F63ISO100F.jpg 
黄緑に赤茶の斑入り葉がヒューケレラ‘ストップライト’

ヒューケレラは同じユキノシタ科のヒューケラとティアレアの属間交配種
昨秋植えてから初めての春です。蕾は上がっていますが、まだ開きません。
どんな花が咲くのでしょう・・・とっても楽しみです♪

西のシェードガーデンでは、地植えのティアレアが咲いています。

2011.4.28 011 
ティアレア・スプリングシンフォニー
 Tiarella Spring symphony
去年の記事はコチラ♪
もう4年くらい前から、西のシェードガーデンの大きな欅の下に住んでいます。
とっても控えめな花で、株は広がることもなく、ずっと同じような姿
上のオークリーフに比べて、野性味タップリですね。
お花をアップで見てみると・・・
2011.4.28 012 
オークリーフにくらべて花びらが細いようです。

この差は品種によるものか、生育状態によるのかは?ですが・・
植えっぱなしでほとんど手をかけていないのに、春になるとちゃんと咲いてくれる嬉しい花。
この花を見ていると、気持ちまでふんわり優しくなれそうな気がします。


ブログピープル園芸&写真に参加しています  




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

青い花 ビルウォーリス

I love blue flowers  青い花に心惹かれます .
空のような水色、コバルトブルー、青紫・・
どうして青い花が好きなのか分からないけど とにかく青い花が好き ♪

庭の花も青い花ばかり・・・

2011.4.18 Av5.6+3分の2日陰 
フウロソウ ‘ビルウォーリス’
Geranuium pyrenaicum ‘BIll Wallis'


2011.4.18Av5.6日陰1 

2cmほどの可愛い小花がたくさん咲きます。
春から秋まで咲き続ける花期の長さも魅力
フウロソウの中では暑さにも耐える強健な種類 ・・だそうです。
今年初めて我が家にやってきたNEW FACEなので、耐暑性はまだ実証していません。
暑~い四国の夏を無事に乗り越えられるでしょうか・・?

2011.4.20 010 
お日様の光を浴びて、笑っているみたい

Aマクロ標準くっきり鮮やかに1
撮影モードを「くっきり鮮やかに」に変えてみました。これが一番実際の色に近いかしら

4月は駆け足で過ぎて行き、若葉の萌え出す5月です。 
バラもクレマチスも、宿根草たちも蕾をふくらませ、準備OK!
1年のうちで最も庭が輝く季節がもうすぐやってきます ♪

2011.4.29 042 

今は緑に染まったトレリス花壇、ぽつりと咲いているのは青とピンクのシラーです。
舞台は整いました! 最初に登場する主役は誰でしょう?

そうそう、ここにこんな舞台装置を作ってみましたよ~ (*⌒∇⌒*)♪

2011.4.29 040 

広がり過ぎるフェンネルを閉じ込める檻!ではなくて柵です!
フェンネルの足元にあるクレマチスの支柱を兼ねて、欅の剪定枝を使って作りました。
いびつな形もご愛嬌と自画自賛 ^^; 目指せ自然風ガーデン!




ブログピープル園芸&写真に参加しています  



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

| ホーム |

■ プロフィール

hanamatibito

Author:hanamatibito
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (328)
1月の庭 (24)
2月の庭 (24)
3月の庭 (24)
4月の庭 (37)
5月の庭 (51)
6月の庭 (39)
7月の庭 (28)
8月の庭 (23)
9月の庭 (26)
10月の庭 (20)
11月の庭 (17)
12月の庭 (15)
薔薇 (42)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (18)
宿根草 (56)
球根 (39)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (83)
神話の中の花物語 (2)
ケセラセラの日々 (66)
家族 (41)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (54)
お出かけ (59)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (13)
庭の生き物 (22)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (19)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ BlogPeople

■ バラ大好き

■ 花*自然*写真

■ ガーデニング

■ 宿根草

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード


まとめ