花待人 ゆうるり庭日記


秋の光を撮りたくて

またまた週末の台風ですね・・・(T_T)
こちらは風も大したこともなく、雨の日曜日
残念ながら、中秋の名月は雲の中
でも明日からは概ね晴れの予報、秋晴れになりそうです。

青く高い空、ふんわり漂う金木犀の香り、
とっても気持ちがよかった先週の金曜日の朝
澄んだ光に朝露がキラキラ
そんな秋の光が撮りたくて・・・

2012.9.28 008
 
2012.9.28 020

2012.9.28 009  

花ざかりの秋明菊

2012.9.28 047 

朝露に濡れたアシダンセラ

2012.9.28 042
 

2012.9.28 064
やっと咲き始めたネコノヒゲ

今日は予定していた庭仕事ができなくてガッカリでしたが、たまった家事に専念したので、
明日から、心おきなく庭仕事~♪ あっ!もちろん仕事も・・・ ^^;
仕事中にも、光を浴びた庭をぼんやり眺めて、庭仕事のことをアレコレ考えてしまうこの頃です。
富山からチューリップの球根が届きました。
前回の記事の種まきのその後、ストック・バージニアの芽が出ました♪ それもい~っぱい!
ルピナス・ブルーボネットも出てきました (#^.^#)ウレシイ♪
宿根草も注文したし、堆肥や肥料もスタンバイOK!
いろいろ忙しい秋の庭仕事、楽しみつつ頑張ります (*^-^*) ☆ 



 ブログピープル園芸&写真に参加しています
応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

月と種まき

今夜も月がきれいです。
今夜の月は月齢11、宵月というそうです。
明日は十三夜、満月は30日、旧暦の8月15日、十五夜ですね。
月明かりの中に浮かび上がって見える白い花・・アシダンセラです。
写真は昼間のものですが、明るく清らか、でもどこか憂いを帯びた風情は月のイメージに重なります。

 2012.9.12 034

月はその引力によって、地球に色々な影響を及ぼしています。
潮の満ち干きもその一つ。
月満ちて満月になると大潮、干満の差が大きくなります。
月が欠け始めるとその差は小さくなり、干満の間隔は長く緩やかに。
そして再び大潮となるのが月齢0、新月です。
干満の差が変わるのは太陽と月の位置によって受ける引力が変わるから、
太陽と月が地球を挟んで一直線になる満月と新月の時にその力が一番強くなるのです。

海の水だけでなく、地球上の生き物にも月は影響を及ぼします。
「出産は満ち潮の時に・・・」なんて話を聞いたことがあるでしょう。
人を含め生命の誕生は満月や新月の大潮のころに多くなる、そんな話もあります。
旧暦のころ、人々は月に合わせて農作業をしてきました。
種まきは満月に向かうころに、大潮のころには虫に注意なんて、
長年の経験から生み出された先人の知恵です。
統計的にも、満月に向かうころに種を蒔くと、よく発芽するらしいのです。

厳しい残暑が一変して爽やかな秋になったのは先週のこと
まだ暑いからと種まきを先延ばしにしていた私
もうすぐ満月だということもあり、慌てて種を蒔きました。

2012年秋まき宿根草  

自家採種の宿根草たち、 ダメ元で蒔いてみました。
1本でも芽が出たらラッキーですよね。
でも最下段の4種以外は親株はすでに消滅、
なんとか生き延びてほしいと実は大いに期待しているのです。

2012.9.27 002

種を購入したゲラニウム・プラテンセmix と一年草のストック・バージニアン‘Spring Sparkle’
そしてハーブのルー
ちょっと奮発した輸入物の種です。芽が出なかったらちょっと悲しい
今日でまだ3日目ですから、まだ芽は出ていません。
膨らみかけた月に芽が出ますようにと願いをかけて、期待半分、不安半分というところ。

お月様、どうぞよろしくお願いします。(>人<;)



 ブログピープル園芸&写真に参加しています
応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

蒜山再発見!ハーブガーデン ハービル&茅部神社

台風が近づいた3連休、岡山の実家へ行ってきました。
少し遅い夏休みをかなり強引にいただいて、お墓参りに親孝行(?)、そして楽しい計画も・・・ 
それは蒜山高原にあるハーブガーデンに行く計画
17日、近づく台風の気配に不安を感じつつも母と妹と一緒に出かけました。
時折吹く強風にハンドルを強く握り(妹が)、高速道路を40分ほど走り、
蒜山ICから約10分で、蒜山ハーブガーデン ハービルに到着しました。
風は強いものの、幸い雨は降っていませんでした。 

2012.9.18 064

ここ蒜山高原は岡山県北西部 に位置する高原です。
連なる3つの山は蒜山三座、その裾野になだらかに広がる牧草地
春は新緑、夏は涼しい高原の風、秋は紅葉、冬はスキーと四季を通じて楽しめるところです。
残念ながらこの日は、雄大な蒜山三座の上にどんよりと覆いかぶさる雲
お天気が良ければ、とっても素敵な景色なのですけどね。

こんな素敵なロケーションにあるのが蒜山ハーブガーデン ハービルです。
1998年にできたガーデンでなだらかな斜面にハーブを中心に多くの植物が植えられています。
中でも、写真手前に見えるラベンダー畑はとっても広くて、
ラベンダーの季節の紫の花の絨毯やあふれる香りを想像することができます。
冷涼な高原でも今年の残暑は厳しく、秋の訪れは遅いようですが、
そこここに秋の気配を感じさせる園内を目いっぱい楽しんできました。

2012.9.18 034 

ガーデンに入って最初に目に飛び込んできたのは、台風に備えてしっかりと支柱をされたダリア‘黒蝶’

2012.9.18 050

セージの競演 

2012.9.18 054 

カクタス咲きの中輪ダリアとネモローサかな?この色合わせは好みです。

2012年9月17日ハービル 

我が家にもある秋明菊‘ダイアナ’があちこちで可愛らしく咲いています。
中でも赤いコリウスとの組み合わせがいい感じ~♪ 来年の庭に真似っこ決定~♪
ライム色のイポメアと赤いコリウスのコンビも目を惹きました。
妹と母もちょっぴっと登場、母の髪は風のせいです。念のため(笑)

2012.9.18 059 

ハチジョウススキの斑入り葉とふんわり漂うような穂、ユーパトリウム・アトロ・プルプレムの存在感
さりげなく咲く足元の小花たち、ナチュラルな秋のボーダー、この感じとっても好き ♪

2012.9.18 065 

花が終わって残った花芯が自然のドライフラワーに、ヘレニュームかな?
後ろにはユーパトリウム・チョコレート、赤いセージがポイントになって秋らしい風情です。

2012.9.18 056 

大型のセダム、大株になってたくさんの花を付けています。
これならうちでも育つだろうと、苗をしっかりGETしてきましたよ。
苗売り場も充実していて、あれもこれもと欲しくなるのをグッと我慢
宿根草の苗をたった(?)4株しか買いませんでした。えっ?我慢してないって?アハッ^^;
ガーデングッズやハーブティなど気になる品物が並ぶショップに
ハーブティがいただけるカフェもあり、のんびり過ごせそうな癒しの空間
今回は強風にめげて、園内すべてを廻ることはできませんでした。
次にはラベンダーの季節にぜひ訪れてみたい素敵なガーデンでした。 
 
さて、話は変わって、こんどは古代のロマン
ハービルへ向かう道すがら、ちょっと気になる看板を発見。
そこには『天の岩戸』の文字
『天の岩戸』って日本神話に出てくるあの天の岩戸?
弟の素戔嗚尊の悪業に腹をたてた天照大神が天の岩戸に隠れてしまったというお話でしたね。
ちょっと興味を惹かれて、帰り道『天の岩戸』の→の方に行ってみました。
たどり着いた所は

2012.9.18 073 

茅部神社、かなりの年月を経たこの佇まい

 2012.9.18 072

建立当時のままと思われる古い山門をくぐると、境内の空気が違います。
厳かな静寂、そびえ立つ大きな銀杏の木、心洗われるような気に満ちた、まさにパワースポット

2012.9.18 074

天照大神と多くの神々を祭神とする拝殿の両脇には、狛犬ではなくて狐?
狛犬は山門の脇に、頭に苔をのせて、にらみをきかせているよう。

2012.9.18 076

狛犬の台座には江戸時代と思われる年号が刻まれていました。
建立年はわかりませんが、古くから地域の信仰を集めていた神社のようです。
狛狐(?)の後ろに見える末社の社殿の奥に、天の岩戸へと続く小道が山へと向かっています。
徒歩30分との表示に天の岩戸へ行くことは諦めましたが、
茅部神社は普段見慣れた神社とは何かが違う不思議な世界でした。

2012.9.18 075
苔むした石灯籠の台座にカンアオイ

茅部神社と天の岩戸の詳しい説明はコチラ↓のサイトへどうぞ
Punkt und Linie ~神社仏閣巡りと旅の風景~

天の岩戸と呼ばれる場所は他にも、宮崎県の高天原、三重県の各所など日本各地にあるそうです。
ここ蒜山を含む岡山県北部、美作地方一帯にも高天原伝説があり、伝説に因んだ地名が数多くあるのだとか。
そういえば私の故郷津山も、神々の国出雲へ通じる古い街道沿いの町です。
生まれ育ったこの地方に、こんな古代のミステリーがあったなんて驚きです。
歴史や神話に心惹かれる私としては興味が尽きません。

蒜山高原は私にとって馴染み深い場所。
結婚前に夫と出かけたこともあったっけ、子どもたちが小さい頃は遊園地や牧場で遊びました。
ハーブガーデン、茅部神社、天の岩戸、蒜山の新たな魅力発見が嬉しい、楽しい旅のお話でした。

PS. お昼ご飯は、昨年のB-1グランプリで第1位に輝いた蒜山焼きそばをいただきました。
   美味しかったよ (@⌒ο⌒@)b ウフッ

   蒜山高原の詳しい情報はコチラ 『蒜山高原にようこそ』



 ブログピープル園芸&写真に参加しています
応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

残暑の庭 アラカルト

朝夕はずいぶん涼しくなってきましたが、昼間は30℃超の暑い日が続いています。
植物も人も夏バテからなかなか抜け出せません。
それでも秋の光に少し元気を取り戻してきた庭、お手入れも少しずつ再開です。
疲れた植物の切り戻し、草取りetc. 庭仕事はいっぱい!
先週の日曜日には、遅ればせながらバラの施肥と剪定をしました。
そんな今の庭の様子など 記録の意味でUPしてみます。
もちろん、なんとか見られる部分だけですよ~ (*⌒∇⌒*)テヘ♪

2012.9.12 002 

ひときわ鮮やかな白、開いたばかりガーデンガーベラ

2012.9.12 001 

もさもさの緑の中、白い花が清々しく見えます。
ここはバラ花壇 、未だバラの存在感はありませんが・・・^^;

PerennialsRoses 2012Autumn 

左上から、ジニア・リネアリスアガスターシェ‘ゴールデンジュビリー’ベロニカ‘ファーストラブ’
初夏からずっと咲き続けている白い中輪ダリア
白いアンゲロニアコレオプシス2種
みんなバラ花壇の住人です。

2012.9.12 021  

こちらは宿根草ボーダー
ミレット・パープルマジェスティの黒い穂、ケイトウ‘スマートルック’コリウスなどのカラーリーフが引き締め役
元気なお花はユーフォルビア‘ダイヤモンドフロスト’ジニア・リネアリスなど小さなお花たち

2012.9.12 026 

ダイヤモンドフロストにベニシジミがやってきました。
虫たちも活発に動き回っています。
もちろん有難くない虫も現れます。
先日、さくらんぼの木にイラガの幼虫が団体で出現!
毛虫に弱いシャロームさんのために、ハエ蚊用の殺虫剤で駆除しました。
でも木の半分だけ・・・どうしてって?
それはね

2012.9.12[2] 002 

ときおりお食事にやってくる小さなお客様のために残しておいたから
お客様はヤマガラ、枝から枝へと忙しなく動き回り、大きな毛虫をつかまえて、
振り回したり足で押さえたりしながら食べています。
小さな体からは考えられないような大食漢で一度に5匹も6匹も食べてしまいます。
さくらんぼの木は事務所の入口にあり、私の仕事机からよく見えます 。
とっても可愛い害虫ハンター、見つけると仕事はしばし中断です。

2012.9.12 033 

おぎはら植物園から2012年秋カタログが届きました。
来年の庭はどんなふうにしましょうか ♪
あれこれ思い描く脳内ガーデニング、楽しい季節がやってきました (@⌒ο⌒@)b ウフッ
  



 ブログピープル園芸&写真に参加しています
応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

アンデスの乙女・カッシア

光が変わりました。
夏の名残を残しつつも、柔らかな秋の光に少しずつ
真上から照りつける強い光に色を失っていた庭が、輝きを取り戻してきましたよ~♪

2012.9.6 011 

アンデスの乙女が花盛り

2012.9.6 010 
2012.9.6 022 
カッシア  コリンボサ
Cassia corymbosa(Senna corymbosa
別名:ハナセンナ
マメ科カッシア属
半耐寒性 落葉低木

ブラジル、アルゼンチンなど南米が原産地
南米生まれの可憐な花なので、付けられた名前が『アンデスの乙女』、流通名です。
この花に出会ったのは、去年の10月か11月、スーパーのお花のコーナーで
淡いクリーム色の花に惹かれました。
付けられたタグは『アンデスの乙女』とだけ、半耐寒性なので冬季は室内で管理とのこと
そのまま室内で冬を越し、春に外に出しました。
そのうち植え替えようと、とりあえず買った時のプラ鉢のまま、ワイヤープランツの茂みの中に・・
とりあえず・・・のはずでした。がっ・・・

2012.9.6 012 

初夏になり、綺麗な葉を茂らせ花も少し咲かせた『アンデスの乙女』
大きくなったので植え替えてあげなくてはと鉢を持ち上げようとすると、あらら、動きません。
鉢底から下の土に根をおろしてしまったのです。
仕方なく秋までこのままと、今に至ります。

2012.9.6 025 

本来の開花期は9月から10月、こんなにたくさんの花をつけました。
ここでご紹介しようと、『アンデスの乙女』で検索、調べてみました。
正式な名前(学名)はカッシア・コリンボサ、マメ科の落葉低木・・・えっマメ科!?
てっことは移植は苦手・・・掘り上げて根を傷めるのはNGかも ^^;
ということで、『アンデスの乙女』はこのままここに定住することになりそうです。
そう小さなプラ鉢もそのままで。
ちょっと気になるのは冬の寒さですが、ここは軒下、霜は直接あたらないでしょう。
それにここには、「とりあえず」から同じく定住した先輩もいます。
『アンデスの乙女』の横に見える素焼きの鉢、スイレンボク(グルーイア)です。
スイレンボクも南アフリカ原産の半耐寒性の低木ですが、鉢底から根を下ろし元気に成長。
2階の軒にとどきそうな勢いで、次々と花を咲かせています。

2012.8.16 044 

樹木の鉢を土の上に直接置くと、鉢底から根を下ろすことはよくあります。
狭い鉢の小さな穴から大地を求めて根を伸ばす、なんとたくましい生命力
ズボラガーデナーの思惑など及びようもありません。

2012.9.6 016 

たくましく可憐な『アンデスの乙女』、釣り針のようなシベがチャ-ムポイント
細長い楕円形の葉は夜になると閉じるのです。
最初に見たときは水切れかと焦ってしまいましたよ。
調べた中にこの花、ポップコーンのような香りがすると書かれていました。
明日の朝には確かめてみましょうね (*^-^*) ☆



 ブログピープル園芸&写真に参加しています
応援よろしくお願いします (*^-^*) ☆

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

| ホーム |

■ プロフィール

hanamatibito

Author:hanamatibito
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (321)
1月の庭 (24)
2月の庭 (24)
3月の庭 (24)
4月の庭 (36)
5月の庭 (48)
6月の庭 (37)
7月の庭 (27)
8月の庭 (23)
9月の庭 (26)
10月の庭 (20)
11月の庭 (17)
12月の庭 (15)
薔薇 (40)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (18)
宿根草 (55)
球根 (38)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (83)
神話の中の花物語 (2)
ケセラセラの日々 (66)
家族 (41)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (53)
お出かけ (57)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (13)
庭の生き物 (21)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (16)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ BlogPeople

■ バラ大好き

■ 花*自然*写真

■ ガーデニング

■ 宿根草

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード


まとめ