FC2ブログ

花待人 ゆうるり庭日記

archive: 2014年01月  1/1

早春の道・光

それはとても美しい光景でした。  朝の光に解けだした霜が霧となり、降り注ぐ光を映し出す。 光にいざなわれて進む早春の道。 光の先には何が待ってる? マグノリアの蕾 優しげなピンクの椿市松模様の竹林 そう、待っていたのは春の兆し、 私の春はいつもここから始まります。 降り注ぐ光に心も明るく、なんだかソワソワ うれしい春はすぐそこまで来ています o(*⌒―⌒*)o♪ 早春の道:2013年の記事       ...

  •  2
  •  0

美味しいカラーリーフ

光が明るくなって春の気配を感じ始めました。 でもまだまだ寒い~ ブルブル(≧ω≦;) お天気がいい朝は冷え込んで庭は真っ白    凍りついた植物たちはじっと我慢 レーマニアの新芽です。 毛皮をまとって氷を防御  暖かな光は瞬く間に氷を溶かし、キラキラ ベロニカ グレース チョコレート色の葉っぱが素敵でしょ♪ 春になると葉は緑になり、ラベンダー色の花が咲くはず 落葉しない葉は寒さと共に再び銅色に...

  •  0
  •  0

ツルバラの誘引とお迎えしたバラ

このところいいお天気がつづいています。 なので朝は霜が降り、寒~い!  氷はってますよ~!北国では最高気温が氷点下の真冬日が続いているようですから、 こんなの序の口と笑われそうですが、寒さに弱い南国の住人です。でも霜が解けて、日差しが明るくなると気温も徐々に上がります。 明るい光に誘われてお昼休みにちょこっと(でもないか・・・^^;)庭仕事。 遅れておりますツルバラの剪定・誘引をやってます。   ...

  •  4
  •  0

大寒の小波

 ここはどこでしょう? 水面のさざ波?  いいえ、ここは空  今日は大寒、一年で一番寒い日 寒い朝の空に浮かんだひと時のさざ波でした。 冷たい風の中で、桜桃の花芽が春を待ってます。  ガーベラの花ガラは前衛芸術の趣 こんな冬枯れの庭でも・・・ 瑞々しい生命の芽生えがちゃんと・・・植えっぱなしのライラックワンダー 球根の芽や頭をもたげ始めたクリスマスローズの蕾を見つけるたびに心がワクワク...

  •  2
  •  0

朝は銀色

夕日は黄金色でした。 朝日は・・・銀色かな  銀色の光を浴びて、庭を凍らせていた霜が解け始めたころ 空がきれい~♪ まだバラが咲いてる・・・ジェネラスガーデナー もう切らなきゃね・・・ ユーフォルビア マチーニー  赤い新芽がいい色です。 シャッターを切る指先が冷た~い!朝の庭 外遊びの楽しさを覚えたモミジ 庭を探検中です。 隙をみては外へ飛び出してしまいます。 今日は朝から夕方まで姿...

  •  2
  •  0

落日の温もり

冬の太陽が西に傾いて 柔らかな光のスポットライト  つややかな黄色の斑入り葉はグミ・ギルドエッジ 夏より冬のほうがツヤツヤとして綺麗です。 寒い庭でこの黄色はほっこり温かくて、お気に入りの葉っぱです。 その上にはクレマチス 白万重、変わらず咲き続けています。 剪定どうしよう・・・ 悩   寄せ植え鉢のヒペリカムも黄金色黄色いオキザリス、表は緑、裏は赤紫のリバーシブルの葉 でも光に透け...

  •  2
  •  0

ミュシャ展に思う

正月休みの最終日、5日の日曜日 抜けるような青空、快晴 絶好の庭仕事日和!・・・でしたが この日はお出かけ~♪ 松山の県美術館で開催されている「ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り」へと  10月から開催されていた展覧会、ずっと行きたいと思いながらままならず、 この日が最終日。 庭仕事もしたいけど・・というなっちゃんをかなり強引に(笑)誘って出かけました。 アルフォンス・マリア・ミュシャ Alfons Mar...

  •  2
  •  0

明るい年でありますように

新年あけましておめでとうございます。 昨年中は、花待人のブログへお出でいただきありがとうございました♪  怒涛のような年末年始 やっと一息ついた正月三が日の最終日です。 昨年末はアクシデントに見舞われて、大掃除もスルーし、 年末の仕事は最低限だけ・・それでも腰を庇って、思うようにははかどらず、 ブログの更新もできずにいました。 子どもたち、孫たち、義弟や甥たち、家族が揃うお正月はにぎやかで楽しい時 で...

  •  2
  •  0