FC2ブログ

花待人 ゆうるり庭日記


夏から秋へ庭模様

9月が終わります
アタフタ、バタバタしているうちに・・・
庭もいつのまにか秋模様

20190913 (9)
パニカムの穂

20190927 (21)
黒龍の実

20190913 (27)
秋色のセージ

忙しい日々のなかで、季節の花が咲くとホッと一息
昨日は、やっと草ボウボウの庭へ出て久しぶりの庭仕事
膝くらいまで伸びた通路の雑草と格闘しました
ひたすら草を抜くだけの作業なのですが、
余計なことを考えず無心になれるから結構好きなのです
草を抜きながら、「これ切り戻さなきゃ」「肥料がいるなぁ」などと
あれこれ考え始めると脳内ガーデニングは果てしなく続きます

20190927 (18)
カリガネソウ

20190913 (24)
秋明菊 ダイアナ

20190927 (9)
ノゲイトウ ルビーパフェと葉っぱがきれいなアルテンナンテラ

20190927 (10)
ハマアザミ 浜薊

20190913 (32)
白い曼珠沙華

年々厳しくなる夏の暑さ、続く残暑、そして体力の低下と
夏から秋の庭を維持するのがだんだん難しくなってきました
手をかけなくても頑張ってくれるこんな花たちに助けられますね

いよいよ秋本番、ガーデニングシーズンになりますね
まずは種蒔き!隙間時間に少しづつ蒔いてます
小さな小さな芽を見つけると、とってもHappy~♪な花待人ですo(*⌒―⌒*)o♪ 


バタフライピー

青いハーブティー、バタフライピーの花が咲きました

20190913 (5)

なんて綺麗な青でしょう

20190913 (2)

開きかけ

20190913 (4)
バタフライピー
Clitoria ternatea
和名:蝶豆
東南アジア~インド原産
マメ科 非耐寒性多年草

この青い花を煮出すと、綺麗なブルーのお茶になるのです
乾燥でもフレッシュでもそれは変わらないそうです
このお茶にはアントシアニンがたっぷり、だから眼精疲労に効果あり
抗酸化作用もあってアンチエイジング効果も! 飲みたくなりますね~♪
ただし、子宮収縮作用があるので妊娠中や生理中はダメですって
私には関係ないけどね ^^;

青い花つながりでオマケ~♪

20190913 (8)

青いエミリア

20190913青い花

庭に咲く小さな青い花たち

昼間はまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩は過ごしやすくなりました
夜には虫の声が聞こえます
そろそろ種蒔き始めなくては o(*⌒―⌒*)o♪ 



ツルギキョウ

今年の1月の末頃、冬枯れの野で津島シャロームさんが見たことのない蔓草の実を見つけました

20190123 (25)20190123 (23)

赤紫色のプヨプヨした実は長さ1㎝ほど
山野草に詳しいM先生から教えていただいて、この実の正体はツルギキョウ
環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に、愛媛県レッドデータブックでは絶滅危惧1A類に指定されている、
かなり珍しい植物だと判明したのです
見つけた場所の所有者に、刈らないようにお願いをして、8月~9月に咲く花を楽しみにしていました

20190902 (3)
ツルギキョウ
蔓桔梗
Campanumoea maximowiczii
キキョウ科 多年草

20190902 (4)

細い蔓で、ススキや小さな木に巻き付いてます
目印はハート形の葉っぱ

20190902 (21)20190902 (15)

俯いて咲く釣鐘型の花は長さ1㎝あまり
白い花びらは反り返り、基部は赤紫色
その細部は写真でやっと確認できました
生育場所は山地の谷沿いの林間、日向ではなく明るい日陰という感じの場所
葉っぱの下に隠れるように咲く花は、地味で目立ちません
なので知られないまま刈り取られてしまうのかもしれません

20190902 (1)

まだ緑色の蕾

20190902 (8)
実になりかけてるのも

冬に採った種を、ダメもとで蒔いてみました
赤紫の実の中には極小の種がいっぱい入っていて、よくわからないまま全ての種を蒔いたら・・・

IMG_9647.jpg

い~っぱい発芽!植え替えできないままギュウギュウ
早く植え替えてあげなくては ^^;


飛騨の旅 Part5・白川郷

「ぼうや~よいこだ ねんねしな~♪」
昔話のような景色がそこにありました

IMG_9567.jpg

飛騨の旅、最後は世界文化遺産 白川郷の合掌造り集落へ
ここでちょっと白川郷についてお勉強

岐阜県大野郡白川村は白山をはじめとする急峻な山々に囲まれた農山村で、
村の約97%を山林が占め、急斜面の間を縫うように流れる庄川の流域に集落が作られています
冬には雪に閉ざされる豪雪地帯で、かっては秘境と呼ばれた地域です
2008年に東海北陸自動車道が開通し、
高山市街地から1時間足らずと利便性は格段に向上しました
東海北陸自動車道の飛騨清見ICと白川郷ICの間には10個のトンネルがあり、
なかでも飛騨トンネルは約10.7キロと驚きの長さ
日本で3番目に長いトンネルです
走っても走っても出口の見えないこのトンネルに驚くとともに
いかに山深い地であったのかと、かっての往来の厳しさを実感しました

IMG_9536.jpg

降り積もる重い雪に耐えるように作られた茅葺の合掌造りの民家
その合掌造りが数多く残る萩町地区は多くの観光客が訪れる観光スポットです
でも多くの観光地と違うのは、歴史ある古い建物はいまでも住民の生活の場であり、
建物だけでなく多くの伝統や先人の精神を受け継ぎ、守り続けているということ
茅葺の屋根の吹き替えは村をあげて協力して行います
それが白川郷の人々が大切にしてきた「結」の心です
村人みんなが助け合って厳しい気候条件を生き抜いてきた強い絆があるのです

さて、ウンチクはこれくらいにして、合掌造りの里の散策をスタートしましょう♪



1563866843976.jpgIMG_9540.jpg
明善寺鐘楼

他には類のない茅葺の鐘楼です
この屋根の吹き替えも村人総出で行ってきたのでしょうね

20190723白川郷3

集落内には澄んだ水が流れる水路が巡らされていました
大きなニジマスがゆったりと泳ぐ水に手をつけてみると
とっても冷たい~!
白山の豊かな雪解け水をひいた田んぼは瑞々しい緑

20190723白川郷4

この日は前日とは打って変わっていいお天気
我々夫婦は現地で帽子をGet、夫はなんと菅笠をお買い上げ
これ持って帰るのに邪魔でした~^^;

20190723白川郷2IMG_9552.jpg

集落のなかで一番大きい合掌造りの長瀬家
江戸時代には漢方医だったというその家の1階には、
立派な仏壇や道具類が展示してあり、なかでも薬箱が素敵でした
この長瀬家は驚きの5階建て、上の階には農具や様々な道具類がありました
雪に閉ざされる冬には、上の階で蚕を飼ったり、手仕事をして過ごしたのですね

20190723白川郷1

のどかな日本の原風景のなか時間はゆっくりと流れ、山里を吹く風は
地域の繋がりが希薄になりつつある現代の私たちに問いかけてくるようです
「なにか大事なものを忘れていませんか?」と・・・

なっちゃんの白川郷レポートはこちら
津島シャロームさんのブログはこちら

約1ヶ月半かかってやっと旅行記終了~♪
老後の楽しみにお付き合いいただきありがとうございましたo(*⌒―⌒*)o♪ 


| ホーム |

■ プロフィール

花待人

Author:花待人
ご訪問ありがとうございます
 
「 花は まだ?」
花咲く日を 待ちながら
四国の片田舎で、我流の庭造り

庭の花、道端の野草や田舎の風景など
のんびりと綴ります

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ FC2カウンター

■ カテゴリ

庭のうつろい (375)
1月の庭 (28)
2月の庭 (29)
3月の庭 (28)
4月の庭 (41)
5月の庭 (56)
6月の庭 (43)
7月の庭 (29)
8月の庭 (26)
9月の庭 (35)
10月の庭 (26)
11月の庭 (18)
12月の庭 (16)
薔薇 (43)
オールド ローズ (8)
イングリッシュ.ローズ (6)
モダン.シュラブ.ローズ (2)
フランスの薔薇 (8)
クレマチス (16)
クリスマスローズ (19)
宿根草 (59)
球根 (41)
カラーリーフ (12)
庭造りの記録 (87)
神話の中の花物語 (3)
ケセラセラの日々 (77)
家族 (44)
お庭訪問 (7)
宇和島便り (62)
お出かけ (67)
北海道旅行 (10)
レトロ (9)
野鳥 (14)
庭の生き物 (24)
私の米ぬかオーガニック (6)
デジタル一眼 (3)
花木 (19)
まきばガーデン (23)
山野草 (1)

■ カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブログランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■ QRコード

QRコード