FC2ブログ

四国カルスト秋深し

10月も半ば、ススキの穂も綿毛になって、四国カルストはもう晩秋の趣

20191014 (74)

10月4日、トキワバイカプロジェクトの観察会で四国カルストへ行ってきました
ガイドは早見先生、地学と生物のスペシャリストです


20191014 (70)

「四国カルストは日本三大カルストの一つで、もっとも高所にあるカルスト台地で・・」
先生のレクチャーはまずは地質や地形のお話から始まります 
「三大カルスト?一つは秋吉台だけど、もう一つはどこだろう?」
気になったので調べてみました
もう一つは福岡県北九州市近郊にある平尾台だそうです
私は聞いたこともない所ですが、みなさんご存知でしたか?

73254409_2390730507911742_1574471715780558848_n.jpg

四国カルストは山野草の宝庫です
これまでも何度か訪れていますが、ガイド付きの散策は初めて
秋の花は終盤に差し掛かって、終わってしまった花も少なくありませんでしたが
先生の案内で今まで目についていなかった、いろんな山野草たちに会ってきました
教えて頂いてもすぐに忘れてしまうので、復習しながら出会った花たちを記録しておきます

20191014 (6)
ツクシアザミ 筑紫薊

九州に多く見られるアザミで、うつむいて咲く花とイガグリのような総苞が特徴

20191014 (25)
ギョウジャアザミ 行者薊

アザミは日本に150種以上、その多くは日本特産で日本全土に広く分布しています
その種類を見分けるのはかなり難しそうです

20191014 (19)

早見先生がぜひ見てほしいとおススメだったのがこちら
真ん中に一つぶら下がっている細い釣鐘状の白い花です
といっても、この写真ではよくわかりませんよね ^^;
なのでネットからお借りした花の写真を

hinasyazin1f030915.jpg
hinasyazin2k030915.jpg
ヒナシャジン 雛沙参
キキョウ科ツリガネニンジン属

愛媛県と高知県の石灰岩地にしか自生していない貴重種
つまりここ四国カルストでしか見られない花なのです
細長い白い花と細い葉が清楚で美しいです
今回は花はもう終わってしまったようですが
細い葉はたくさん確認できました
今度は花盛りの頃に訪れてみたいですね

20191014 (30)

ヒナシャジンの細い葉が生えている辺りの石灰岩の割れ目から丸い葉が出ています
なんとこれもヒナシャジンの葉なんですって!冬葉だと教えていただきました

20191014 (15)
コフウロ 小風露
フウロソウ科フウロソウ属

花が開いていなくて残念でした
白いゲンノショウコに似たこんな花が咲くようです

kohuuro23.jpg

ゲンノショウコよりひとまわり小さな可愛い花
これも次回に期待しましょう

20191014 (11)
ミツバベンケイソウ 三葉弁慶草
ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属

花ではなくて、これは実

20191014 (8)
ギンバイソウ 銀梅草
ユキノシタ科ギンバイソウ属

カニの爪のような葉っぱが特徴
花はこちら

ギンバイソウ

ここまでは、天狗高原のセラピーロードの植物たちでした
セラピーロードは四国カルストで一番高い天狗の森(1484m)の麓
谷沿いの林の中の道です

20191014 (39)

次は笹の広がる草原、五段高原の植物たち

20191014 (51)
コウゾリナ 髪剃菜

20191014 (62)
ツリガネニンジン 釣鐘人参

ノコンギク
ノコンギク 野紺菊

20191014 (66)
アキノキリンソウ(秋の麒麟草)センブリ(千振)

20191014 (54)
オヤマボクチ 雄山火口

20191014 (73)
ホソバノヤマハハコ 細葉之山母子

竜胆2
リンドウ 竜胆

72983513_387653372113916_3657072349401841664_n.jpg

暑くも寒くもない快晴の一日、心地よい高原の風に癒された観察会となりました。


関連記事

4 Comments

ななちゃん7755

おはようございます!(^^)!

晩秋のカルスト観察会!
ガイドが地学と生物のスペシャリストとあっては意義ある一日でしたね~♪
そうそう!
三大カルストの一つである平尾台ですが・・・
そちらのブロ友がよく記事にされ珍しい植物を載せてましたよ~♪
先月から体調崩され一端記事更新をお休みされてますけど(笑)

四国カルストでしか見られない花や観察会に参加すればこそ得られる収穫もあった事でしょう!(^^)!
お天気にも恵まれ最高の観察会でしたね~♪
お写真には見慣れたお方も・・・(笑)

野バラ

ありがとう

スペシャリストの案内でしたら
これまで何度か訪れた時以上に知識が増えたのですね。
私はアザミの花好きですが一般的なアザミしか見たことがありませんが個性的なアザミが沢山あるのですね!
終わってしまった花、旬が過ぎてしまった花など開花が見られなかった花々、これからはその時期に時期に合わせて訪れる楽しみがありますね。
それにしても四国カルストは、珍しい そこでしか見られない草花があったり 数多くの高山植物を見せていただいたりとても興味深かったです。
皆さんの元気な笑顔にも会えて嬉しかったです。ありがとう(^^)/

  • 2019/10/21 (Mon) 17:56
  • REPLY
花待人
花待人

☆ななちゃん7755さん

平尾台、ご存じでしたか~♪
私は全く・・・でした^^;
カルストには独特の植生がありますね。
教えていただかなくては気が付かないことばかりで、
とっても有意義な散策でした。
早見先生は80代半ばだと思いますが、
3日に一度は山に海にとフィールドワークに行かれるそうで、
とってもお元気です。
と言っても、先生のスピードはとてもゆっくりなので
あちこち移動しましたが疲れは感じず、
なっちゃんも楽だったと言ってましたよ o(*⌒―⌒*)o♪

  • 2019/10/22 (Tue) 23:10
  • REPLY
花待人
花待人

☆野バラさん

そうなんです♪ 山野草の世界は奥深くて知らないことばかりです。
教えていただいたことを忘れないように、とは思うのですが
なかなか身につきません^^;
野バラさんもアザミ好きなのですね、私も好きな花です。
アザミは所によって変異種が多いので、種類が多いのです。
見分けられるようになったらスゴイんですけど、無理でしょうね^^;
四国カルストは季節ごとにいろんな花が咲くので、いつ行っても楽しい所です。

  • 2019/10/22 (Tue) 23:41
  • REPLY